2012年05月01日

益田がリベンジ成功、藤岡が3勝目(千葉ロッテM 4-3 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 4-3 福岡ソフトバンクホークス

同い年の唐川と藤岡だが、調子が悪い時への対処において
やっぱりプロの世界で4年間、痛い目を含めて経験して来た分、
唐川の方が上手だねえ。

まあ、プロとして当然そうでなきゃ困るんだが(^^;)

逆に言えば、藤岡はルーキーなのに、
千葉ロッテの右のエースとフツーに比べてしまう程の
スーパー・ルーキーだということでもある。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

調子が悪くても抑える唐川が連敗ストップ(千葉ロッテM 2-1 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 2-1 福岡ソフトバンクホークス

マリンで唐川vs岩嵜なんて、いよいよ千葉県大会。
高校1年の秋季大会でも0−0の投手戦、
(いや唐川の時の成田高校は貧打だったのだが)
プロに入ってもお互い意識し合って、良い投球を
しているなあ。

この試合は、唐川が無死からヒットを明石を、
牽制で刺してソフトバンクの出端をくじいたその裏、
千葉ロッテも無死からY岡田がヒット、
根元にバントではなく(今のコーチ陣は良いなあ)盗塁、
四球、死球で無死満塁から、
4番サブローが犠牲フライで先制した。

一気に潰せるかと思ったが、5番角中のヒット性の当たりを
センター長谷川がファインプレーで、岩嵜を救った。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

益田と薮田での逆転負けで9連戦スタート(千葉ロッテM 2-3 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 2-3 福岡ソフトバンクホークス

2−1のリードで8回表は成瀬から益田にスイッチした。

今の千葉ロッテで、最も信頼出来るリリーフ投手に対し、
ソフトバンクは、一死後、内川が詰まりながら
右へ打ったポテンヒットで出塁すると、
代走に城所を送って勝負をかける。

ペーニャの3塁ゴロで城所が2塁へ進むと、
松田がコンパクトに右へ打った打球は、
右中間へのタイムリー2ベースとなった。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

オーダー変更が不発で俊介見殺しと統一球へのクレーム(北海道日本ハムF 2-1 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 2-1 千葉ロッテマリーンズ

こういう競った試合を勝って行けるようになると
優勝争いも可能なんだけれどね。

でもまだシーズンは始まったばかり。
今後の伸びしろに期待しよう。

俊介が2発食らって負けたけれどもピッチング自体は
良かったと思う。

敗因はスミ1に抑えられた打線の問題だ。

糸井の抑止力で1点止まりに終った初回のように、
7番へ上げた意外性の里崎にポイントゲッターを
期待するのは、ちょっと無理筋なので、
結果がでなくても仕方が無いと思う。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

日ハムの守備力の前に完敗(北海道日本ハムF 5-1 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 5-1 千葉ロッテマリーンズ

家に着いたらもうすでにペンの姿はマウンドに無く・・・。

まあ、しゃあない、次や次!


では、記事も野球もあまりにも・・なのでね。

八木からチャンスを作るものの、初回の井口さ〜んの
HRのみのスミ1に抑えられるわけだが、
チャンスがないわけではなかった。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

リリーフエースの使いどころ(北海道日本ハムF 1-2 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 1-2 千葉ロッテマリーンズ

里崎の復帰まで登板を待ったグライシンガーと(^^;)
低めに丹念に投げ続ける多々野との投げ合いとなった接戦で、
Y岡田、角中、根元の左打線で獲った2点を守りきり
辛くも、しかし、とても価値ある勝利を手にした
ナイスゲームだった。

上手い日ハムに競り勝つのはホントに気持ちがいいし、
まるで強いチームになったかのように思える(^^;)。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

2点タイムリーエラー、走塁ミスがあっても勝つ(千葉ロッテM 6-4 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 6-4 埼玉西武ライオンズ

少々、甘い球があってもテンポが良い西口と、
慎重派のマッチのリードと球を見てくる埼玉西武打線に
リズムをつかめなかった藤岡。

5回表にバックホームに気がいったか、ゴロを後逸した
福浦が痛恨の2点タイムリーエラーをやらかし0−3とされる。

しかし、その裏、西口から、なかなか決定打を打てなかった
マリンガン打線が、勝ち投手の権利がかかる5回裏に
やっとつかまえた。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

ポイントゲッター角中の1番起用が当たる(千葉ロッテM 3-2 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 3-2 埼玉西武ライオンズ

今季2度目(公式戦は初)のQVCマリンフィールド生観戦は
実に千葉ロッテらしいものも含めて、
多くのポイントがつまった試合だった。

不振の伊志嶺を外して、ライトで併用されてた角中と清田を
スタメンで起用した。

試合前の練習から、角中がライトではなくレフトへ入っていたので、
レフトスタメンだとは思っていたが、1番起用とは驚いた。

が、その角中が決勝2点タイムリーを打ったのだから、
(結果的に?)オーダーが当たったね。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

素晴らしい投手戦がボーンヘッドで凡戦の印象に(千葉ロッテM 0-1 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 0-1 埼玉西武ライオンズ

ランナーは出すものの粘りの投球で6回のおかわり君の
タイムリーによる1点で凌いだ成瀬と、
5回までパーフェクト、ランナーすらほとんど出さない
石井一久の投手戦だったのだが・・・。

それまで2安打無四球で、完封を狙ってマウンドへ上がった
石井一久から先頭の根元が2ベースで出塁し、
1番の伊志嶺の打席で、とんでもないプレーが飛び出した。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

収穫は大谷、中郷、木村の登板(千葉ロッテM 3-6 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 3-6 東北楽天ゴールデンイーグルス

久しぶりに「打たれるなよ」と神に祈るような、
ハラハラした試合となって、なんだか楽しかった。

マー君から2点を先制した直後の5回に
渡辺俊介がつかまってしまったのだが、ポイントは
3連打で1−2とされた後、高須を浅いレフトフライに
とって二死でのホセの打席。

外のきわどいボールの後、フルカウントになって、
外の球が少し内側へ甘くストライクをとりにいったところを
やられてしまった。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。