2007年06月11日

「先物買い」投手リレーで逆転を呼ぶ(阪神T 3x-1 福岡ソフトバンクH)

マイケルを温存しつつ武田久がつかまりながらでも勝つ、日本ハムに対し、
千葉ロッテは連敗中の小野晋吾とはいえ
交流戦優勝のためには痛すぎる敗戦で3差となってしまった。

センターに英智が入ってからの中日の野球はパリーグ級、
簡単に勝てる相手ではないということ。
けん制で刺された根元は若さがでてしまったが、
良い経験として成長して「秋」にリベンジだ。

さて、甲子園のゲーム、阪神 vs ソフトバンクは、
杉内とジャンの投手戦、ノーヒット vs 完全試合ペースで始まった。
均衡を破ったのは4回表のソフトバンク、四球、盗塁、四球で2死から、
小久保の初安打がタイムリーとなって0−1。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

8回表までは良い試合だったのに(阪神T 2x-1 オリックスB)

千葉ロッテは、ホーム球場なのにフライも取れないベイスターズでは
試合にならない。直行が楽々完投で爆勝。
ドラゴンズは去年のメンバーに戻して、
英智の捕殺と、逆転サヨナラ三塁打で劇勝。これが落合ドラゴンズだ。
日本ハムは、高卒ルーキーがヤクルトをひとひねり、登板過多の武田久、
マイケルを元々使わない予定だったらしいが、雨天コールドで勝つ。
さすがだ。

よりによって、一番しょーもない試合について書くのはいやだなあ。(^^;)


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

怪我の功名で連勝 (阪神T 6-3 西武L)

まず千葉ロッテは、新たなファン獲得のため、広島・尾道公演中だ(^^;)。

初回、1死(サブロー三振で正確には2死)1,3塁から
鮮やかにダブルスチールで先制。
その後は10安打でたった2点のいつもどおりの効率の悪さで、
2点差でコバマサへつなぐ。
ヒットと四球でHRが出れば逆転サヨナラの舞台を演出。
最後は森笠のヒット性のあたりをサブローが好捕し、ゲームセット。

「なあ、昨日よりもっとドキドキしたろ?」

「相手ファンにはぬか喜びを与え、味方ファンの寿命を縮める」劇場炸裂。
これが千葉ロッテスタイルだ。

さて、昨日は「珍しく」良いプレーがあった阪神戦。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

連敗ストップ、良かったね (阪神T 3-1 西武L)

nikkansports.comのリアルタイム速報で見ていた、中日ー楽天は面白かったなあ。
ノムさん曰く
「野球の本質だな。我慢していれば必ず反撃がある。そういうのが野球。野球って楽しいよな。よし、あしたも頑張ろう!!」
楽天は監督も選手も楽しく野球をやっている。

広島ー千葉ロッテ戦。
ライトスタメン、キダゴーの移籍初HRもあってカープがリード。
千葉ロッテは5回まで青木高にパーフェクトに抑えられる。
「ほら、言わんこっちゃない(^^;)」
しかしその後4−3と逆転し、最後はコバマサが
2アウトを簡単に取るものの「ドキドキしたろ?」のいつものやつ。
これが「千葉ロッテスタイル」だ。
甲子園で打ちすぎて調子を崩すかと思われたが大丈夫だった(^^;)。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

カンフルが必要 (阪神T 0-10 千葉ロッテM)

5回裏、狩野の打球にサブローが抜かれ、さらにクッション方向がずれた時、
同点もしくは本塁クロスプレー、送球の間に狩野が三塁と思った。

が、マコちゃんは、三塁ベースへゆっくり到達しているじゃん。(>_<)
正直、ちょっと驚いた。

悪いけれど、パのチームとレベルが違っている。

これを見たら全員、今岡が三走なら、ノーアウト2、3塁でも
内野ゴロならホームアウトだろうって思う。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

岡田阪神、いっそ、清々しい。打つだけに徹す。

DHがある交流戦の前に、まだ完治していない濱中を昇格。
降格になったのは投手の伊代野とユーティリティ藤原。
赤松を降格しておいて、トレードで獲得した山田を守備要員として昇格か。
赤松の守備と走塁はダメだったですか?
山田の得意なチームバッティングを使う気があるのですか?

初戦のソフトバンク戦はセンター桜井、レフト金本、ライトリンという、
千葉ロッテのベニーとワトソン同時出場のときより、さらに捨て身の外野陣。

参りました。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

「なりふりかまわず」で祝・連敗脱出(阪神T 3-2 読売G)

「打ち勝つ」ために、センターに葛城、ファーストへリン、
ライトへ桧山(赤松より打つだろうという判断)と見かけ上、
攻撃的というよりも、さらに守備を捨てた?オーダーで挑んだ。

案の定、葛城の守備範囲の狭さ(といっても、赤星と比べたら
可哀そうな上、オープン戦でもファーストしかやらせてなかったし)で、
何度かアウトをヒットにしていた。
でもランナーも捕られると思うものだから、スタートが遅れ、
タイムリーにはつながらなかったという結果オーライ?

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

まあ、昨日は試合になってたじゃん(阪神T5-6 読売G)

少し前のTVコマーシャルで、子供時代のロナウジーニョや小野伸二が
一人で相手選手を何人も抜き去りゴールを決めるシーンが放映されていた。

しかしレベルの高いプロの世界では、
当然ながら、あんなことはできない。
サッカーの場合、ボールを持った選手と受け手2人の
3人が「連動」することで相手の守備陣を破る。

野球もチームスポーツなので同じことだ。
ランナーと打者の「連動」、次の打者との兼ね合い、
守備体形と投球、中継プレー等、「連動」があるから面白い。
続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

「練習はウソをつかない」の反面教師版(阪神T 1-7 読売G)

7連敗中のチームには、気分一新の機会であったはずの
雨と休み、相手は宿敵の読売、場所も甲子園とくれば、
チーム浮上の「きっかけ」にするには最高の場面設定(だった)。

読売は今季新たに加わった選手の谷と小笠原だけではなく,
昨年の尾花、今季の伊原とコーチもパ・リーグ選抜との連合軍だ。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

宮崎オーナーは要注意人物かも?

キャンプをチーム力の向上のためではなく、スタメンやベンチ入りの
セレクションにだけ使い、あとは一軍を勝ち取った選手まかせで
ベンチで観客となっている監督で、
「日本プロ野球にどこまで戦えるか?」という「大いなる実験」を
行っている阪神タイガースだが(^^;)、
泥沼7連敗中と散々なGWとなってしまった。

私は「考えなし」の「岡田野球」に、
技術やパワーを高め、知恵をしぼって、
チームとして気持ちをつなぐ「野球」が負けなくて
良かったと思っている。

私は勝つために、選手が連動して一所懸命に取り組む「野球」の方が
面白いと思うし、好きなので、
愛する阪神タイガースも早く「野球」をやるようになって
もらいたいと願っている。

そんな中、ひとつの懸念が浮かんできた。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

リンは天才(阪神T 7-2 東京ヤクルトS)

ソフトバンクが来た〜。

楽天にスイープ(ちょっと前まで3タテって言ってたのに流行に
流されてみた)されていたのに、
ダルビッシュを小久保の満塁HRで下し、勢いに乗って
日ハムをスイープ。
そして昨日は、5回に6本のヒットを集中し涌井をKO。
とんでもない打線の威力が発揮されはじめた。

そんな中、千葉ロッテマリーンズが、強者が潰しあっているうちに
楽天と、かわいそうな日ハムに連勝し、なんと!首位に立った。

続きを読む
ラベル:林威助
posted by ばかぼん父 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

投げない濱中、やっぱり故障(阪神T 3-10 読売G)

昨年の8月か9月の時点で、既に伊原氏にコーチ就任を要請した原監督。
とても良い判断だったね。
李でも小笠原でも盗塁を敢行し、連打を呼んだ。
投げる方でも、ポイントゲッター金本を3連戦で打点0に抑え、
実質的には3連勝の内容。
読売は確実に昨年より強いチームとなっている。

阪神が1985年への回帰趣味なのか、
「あかんたれ」でいるのが好きなのか、なんなのか知らんが、
全く進歩していないので、研究されればすぐに底が割れてしまう。
そして何も手を打たないうちに「置いてけ堀」となってしまった。

それはさておき、昨日の試合で、
濱中が自ら肩の痛みを訴えて交代を申し出た。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

祝・狩野、プロ初安打がサヨナラヒット(阪神T 5x-4 読売G)

11回までは互いのリリーフを含めた投手戦。
今季の阪神と読売の力は互角だ。

クライマックスシリーズ進出を視野に入れるとすると、
むしろ中日戦より、当面の相手である読売戦こそ負けられない試合。
なぜなら終盤になって3位のチームは、逆転を狙う下位チームからの
ターゲットになってしまう。
昨年、目標を失ったチームから大きく勝ちこんだおかげで
格好をつけた阪神だが、
その時点で3位だとしたら、Bクラス転落だってある。
(そうなりゃ、さすがに監督解任だよね、ワクワク)

続きを読む
ラベル:狩野
posted by ばかぼん父 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

井川の穴がリリーフ陣へ響く

昨日の井川は、最後に2ランをくった球は失投だったが
前回よりは、かなりよくなっていた。
良い顔をして投げていたし。
カーブ、チェンジアップでストライクが取れれば
あれくらいはいつでもいける。
次も頑張れ!

阪神は6連戦の頭の3試合でJFKの3連投、
後半3連戦は、ボロ負けするからJFKは不要と考えたわけではなく、
雨または打線爆発の大勝を妄想した根拠のない悪手。

相手が「悪手」を犯した時にそれをとがめることができないと、
悪手が妙手になってしまう。

今年の横浜は、キッチリとがめてくれた。
Good job!!

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

祝、リンが川上から初長打(阪神T 3-1 中日D)

まだ全力を出しているとはいえない中日相手とはいえ、
今季初の3連戦を2勝1分けで乗り切った。

でも、7回はボーグルソン続投、または桟原を挟めないかなあ。
ま、しようとすらしない連中なのは、解っているけどね。
首脳陣、クビをつなぐために必死やな。

JFKは11試合中7試合に登板し6連戦の頭から3連投。
今日は1mm 程度の雨の予報だが、さてどうなることやら。

良かったのは昨年、川上に6打数1安打5三振と
格の違いを見せられていたリンが、2ベースを打ったこと。
ほんと、進歩している。
左投手だって打てるようになるよ。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

いったいJFKは今季何試合投げるのだろうか?(阪神T 6-6 中日D)

6連戦の2試合が終わったところで、JFKは全員連投。
橋本を加えて4人は早くも10試合中6試合目の登板。

なまじ追いついてしまったがばっかりに・・・と言えなくもない。

開幕一巡前というのに、「水戸黄門」の印籠状態。

今後は先発が7回は投げないとねえ。
目先の1勝にこだわっての早めの継投なんだろうが、
リリーフ陣の疲労と引き換えに、やっと5割そこそこでは
割が合わない。



続きを読む
ラベル:赤松
posted by ばかぼん父 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

甲子園開幕戦で中日に運よく勝利(阪神T 5-2 中日D)

山本昌から5連打で鮮やかな逆転勝ちをおさめ、
甲子園の開幕戦を飾った。

といっても開幕序盤ということもあり、落合監督が
アップアップの昌に勝ち星をつけようとひっぱったお陰と
赤星と金本のが、運良くギリギリ前に落ちたお陰での5連打。
中日の守備は見る価値があるねえ。

良かったことは、序盤から昌に球数を投げさせたこと。
シーズン開幕戦から、ちっとは考えたようだ。

しかしヒットが出て広沢コーチも喜んでいた濱中の
凡プレーは相変わらず。
わざと緩慢にふるまって、相手を安心させておいて重要な場面で
捕殺を決めようという布石か?


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

「男・黒田」へのリスペクト(敬意)が足らん

セントラルリーグ開幕!

岡田阪神の戦いぶりは、
「反省なきところに進歩なし」という格言が真であることの
証明するためのデータを積み上げているしかない。

濱中は1,2塁間をゴロで転がってきたヒットを2塁打にし、
平凡なフライで3進を許した。

中日にライトを狙われた昨年の経験は、なんだったのだろう?

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

2007年版 オカダの考え(2番は?・・赤星って^^;)

だいたい、こっちの都合もあるんだから、
こんな早よから開幕オーダーを明言しないで欲しい。
ホントに何から何まで相性の悪い監督だ(^^;)。

とにかく監督の理想形である、無策なまんまベンチで見てられる
(「と監督が考えている」と私が思っている)
1番鳥谷、2番赤星でスタートするようだ。

開幕1週間以上前にピークを迎えた8連勝中、調子に乗った監督が
「バント不要」と言ったとたんに点が取れなくなってきた。

メディアでは阪神のオープン戦は全く見ていないが、
実際に球場で観戦したマリーンズとのオープン戦では、
9番秀太、1番赤星、2番関本はホントに機能していた。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

2007年版 オカダの考え(1番は?)

広沢コーチ曰く
飛ばすことでいえば
左では金本、鳥谷、
右ではシーツ!
若手でかろうじて入るのは林かな。

残りは大砲ではなく中距離打者を目指すべきらしい。
でも金本も鳥谷も中距離タイプから、努力でパワーアップした長打力。

「練習は嘘をつかない」ということなのだが、今季大ブレークの予感、
鳥谷をどこで使うのだろうか。
 
続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。