2009年11月06日

息詰まる投手戦から一転HR競争でサドンデス(読売G 3x-2 北海道日本ハムF)

日本シリーズ 第5戦
読売ジャイアンツ 3x-2 北海道日本ハムファイターズ

日ハムの「アウトにならない攻撃」は、レギュラーシーズン中
「ヘタクソをいじめて楽しいか?大人げないぞ」と思っていたが、
代打でスンちゃんがでてきたり、7番に阿部がいる読売打線は
「問答無用って感じで暴力的」だね(^^;)。

原さんは、第4戦でインケツだった、キムタクをベンチから外すという、
子供っぽい、いや、厳しい態度で(^^;)負けられない試合に臨んだ。

そのプレッシャーからか(^^;)、読売に2つのエラーが1イニングにでて、
2回に1点を日ハムが先制した。

しかし先発のゴンザレスと藤井が素晴らしいピッチングというのか、
稲葉をキッチリ抑えられているハムと、
負けられないプレッシャーで固くなっている読売という感じ。
まさか、東京ドームで1−0のゲーム?という試合展開で8回を迎えた。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

狭い球場でも日ハムらしく(読売G 4-8 北海道日本ハムF)

日本シリーズ 第4戦
読売ジャイアンツ 4-8 北海道日本ハムファイターズ

打撃は3割バッターでも10回のうち7回もアウトになる水物だが、
守備と走塁はほぼ100%で機能するわけで、
ここを徹底的にレベルアップするところから始める事は、
効率の良いチーム強化方法である。

なーんてことは、究極の短期決戦である、
負けたら終わりのノックアウト方式で行う高校野球から、
ここ日本においては常識になっている。

それを最高峰の技術をもつ、プロのレベルでやったらどうなるかを
具現化したのが、北海道日本ハムの野球だ。

やっと、日ハムの本来の姿を見せてもらえた第4戦だった。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

北海道日本ハムベンチに覚悟が足らん(読売G 7-4 北海道日本ハムF)

日本シリーズ 第3戦
読売ジャイアンツ 7-4 北海道日本ハムファイターズ

小さな球場でソロHRの応酬という、
野球じゃなくてHR競争のような
私的にはちーっとも面白くない試合展開で始まった。

確かに、この球場においての戦略としては、
外野の守備を固めるより、守備には目をつぶって
長打力のある打者を使いたい気持ちは良く解る。

だが、しかし、But、(strike)
それでは、読売の土俵で、原さんの大好きな「がっぷり四つ」
で戦うことになってしまうのだ。

日本ハムの打線は「金太郎飴」のように、
誰が出てても変わらないことが怖さのはずではなかったのか?


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

エースが無理した「一世一代」の投球で貴重な勝利(北海道日本ハムF 4-2 読売G)

日本シリーズ 第2戦
北海道日本ハムファイターズ 4-2 読売ジャイアンツ

やっぱりダルビッシュは凄い投手だった。

ダルビッシュは剛球投手でも、スライダー投手でもなく
「引き出しの多い」投手だ。

その日の調子で速球派でも、技巧派でも、
どんなスタイルでも一流であるところが彼の凄さだ。

投げる姿も突っ立ったまま、歩く姿すら怖々という、
本調子ではないどころか不安いっぱいの中で、
カーブのような落差のスライダーを生命線に、
スローカーブを交えて、
変化球投手として緩急を活かしたゴマカシ投球で
3回まで無失点で切り抜けた。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

最高峰の日本シリーズ始まる(北海道日本ハムF 3-4 読売G)

北海道日本ハムファイターズ 3-4 読売ジャイアンツ

北海道日本ハムの凄い守備力を打ち破って、
確実にヒットにするためには、フェンスに直接当てるか、
越してしまうことなのだが(当たり前^^;)、
読売は2回に谷のHRで先制、同点から
坂本のレフトフェンス直撃の2点タイムリーで勝ち越しと、
攻撃が上手くはまった。

WBCの練習試合で見せた偽装スクイズで、
鈍足の1塁ランナーを2塁へ進めるなどの小技も絡め、
代打起用も当たって、読売のペースでシリーズが始まった。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

岩隈を出した!スレッジが豪快にトドメを刺した!野村楽天、華々しく散る(北海道日本ハムF 9-4 東北楽天E)

クライマックス・パ 2nd ステージ 4回戦
北海道日本ハムファイターズ 9-4 東北楽天イーグルス

負けたら終わりの東北楽天は、ベンチに岩隈、田中の
両エースを入れ、先発はルーキー藤原。
CS進出を決めた後の3試合で、藤原、青山、ラズナーの
先発陣のテストで、4番手の座を獲得した投手だ。

ところが、一死後、森本のショートゴロを内野安打にしてしまうと、
ヒット、四球と繋がれ、スレッジにセンターへ犠牲フライを打たれて、
先制される。
いや、打ち損じのお蔭でHRにならなくてラッキーな打たれ方だった。

しかし、ここは小谷野をつまったセカンドハーフライナーに抑えて、
大ピンチを最小失点で切り抜けた。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 10:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

田中将大が崖っぷちで見事な「エース」の仕事(北海道日本ハムF 2-3 東北楽天E)

クライマックス・パ 2nd ステージ 3回戦
北海道日本ハムファイターズ 2-3 東北楽天イーグルス

とりあえず、ノムさんは、前日完投負けの岩隈をベンチへ入れた。

東北楽天の先発は田中マー君。
(埼玉西武が出てないのに、パの試合を放送する、とってもエライ)
文化放送の解説をしていたガンちゃんによれば、
北海道日本ハムサイドの田中投手の見方は、
「球種を絞って攻略というレベルの投手ではない」
「マー君の調子次第では完封どころか、
完全試合の心配までしなければならない投手」だ。
と、本音かどうかは別にして強敵と認識されている。

しかし、2回の先頭打者、4番高橋信二に、
マー君曰く「不用意」に、ストライクをとりにいった球を
ライトスタンドへ放り込まれて、
王手をかけている北海道日本ハムが先制した。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

「魔法」が解けた東北楽天、経験値の差で連敗(北海道日本ハムF 3-1 東北楽天E)

クライマックス・パ 2nd ステージ 2回戦
北海道日本ハムファイターズ 3-1 東北楽天イーグルス

ノムさんの策がズバズバあたり、1stステージから
ノリにノッて破竹の勢いだった東北楽天だが、
1回戦のもの凄い大逆転負けから、まるで魔法が解けたようだ。

クライマックスシリーズに初進出をはたしたばかりの
昨年のオリックスのような、
ただの「ポッと出」のチームに戻ってしまった印象だ。

試合は、緊張しない性格だから2戦目に選ばれた?糸数敬作と、
エース岩隈の粘り合いの投手戦となった。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

北海道日本ハム、「心の傷」を思い出さされる大逆転勝利(北海道日本ハムF 9x-8 東北楽天E)

クライマックス・パ 2nd stage 1回戦
北海道日本ハムファイターズ 9x-8 東北楽天イーグルス

♪〜たたたたたたーん、たたたたたー、たたたたたたーん、たたたたたー
(チキチキバンバンのチャンステーマ)
「うってー、うってー、こやの」「うってー、うってー、こやの」

うーむ、小谷野は別に昨日は打ってないのだが、
これが頭の中でリフレイン(^^;)

深く沈めていた心の傷のかさぶたを剥がして塩をすり込まれたような
嫌な記憶が蘇る(注)試合でした。

[注記]
千葉ロッテはオールスターを挟んでの北海道日本ハム戦6連戦の
5連敗目が9回にシコースキーが3点取られて逆転負け、
そして、6連敗目が6−1リードで迎えた8回に、
成瀬、荻野、内が「誰もアウトにならない攻撃」に飲み込まれ、
一挙6点とられて逆転負けし、どうすりゃ勝てるんだ?と絶望的になった。

な?強いチームは、短期決戦、いや「この1試合」でも強いだろ。(^^;)


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:15| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

今のうちにリーグ優勝チームを讃えておこう

今日からCSの2nd ステージが始まる。
私はガチンコ勝負の短期決戦での勝者の方に重きを置いている。
そしてペナント優勝チームがホントに強いのなら、
短期決戦でも勝ってみせろ、というのが私のスタンスだ。

でも、一応144試合を戦って優勝した2チームが、
ここで消えないとも限らないので(^^;)、今のうちにふれておきたい。

まず、読売ジャイアンツ。
今季のセリーグはライバルの中日がエースと4番が抜け、
阪神は、選手の高齢化に加えて、坂東英二氏によれば
「(本人は)昨秋まで監督になるなんてこれっぽっちも考えてなかった」
監督素人の真弓氏をもってきて全く相手にならず。

全くムチを入れる事なく、馬なりのままで、
ぶっちぎりの優勝を飾ってしまった。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

際立ったのは中日の守備力と東京ヤクルトの層の薄さ

どうでもいいけど、なんで試合時間がこんなに長いの?
というのが正直な感想だ。

CSの事実上、予選となった最後の阪神との神宮2連戦の
戦い方を見れば、「東京ヤクルト、侮り難し」。

とってもペナント1位に有利なセの過保護なCS日程に、
私は、中日には敢えてチェン、吉見を温存して、
勝負して欲しいと思っていた。

しかし、見事な投球で阪神を葬った石川、館山の
2本柱相手では、チェン、吉見を温存する余裕はないし、
全力でぶつかったのは正解だったと思う。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

失投を引き出し、山崎武司が仕留めた(東北楽天E 4-1 福岡ソフトバンクH)

東北楽天イーグルス 4-1 福岡ソフトバンクホークス

東北楽天の先発、田中まー君は、
「あとがない」ソフトバンク打線の焦りを逆手にとるような
大人の投球。
直球の威力に頼るのではなく、コントロール重視で
低めに集めてフォーク、スライダーで空振り三振の山を築く。

福岡先発ホールトンも、プレッシャーを感じさせない投球で
とても良かったと思う。
3回の(オーティズ2ベースの?)無死2塁のピンチで
聖澤にバントを2球失敗させて三振。
高須をライトフライ、渡辺直人のセンター前に抜けそうな当たりを
グラブを身体の後ろから出して止めてゴロに仕留めた。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

エース攻略対決に勝利、東北楽天ド派手に先勝(東北楽天E 11-4 福岡ソフトバンクH)

東北楽天イーグルス 11-4 福岡ソフトバンクホークス

こんなに面白い野球をするノムラ東北楽天が、
今年限りというのは球界にとっても、もったいない話だと思う。

ノムさんを、このまま隠居させてしまうのは惜しいので、
是非、まだ監督の決まって無いチームはオファーして欲しいなあ。

しかし、現時点では、短期決戦上手と言われたノムさんの
一応「最後っ屁」となると思って、
手塩にかけて育てて来たチームの集大成の野球を良く見ておくのが、
今季のポストシーズン戦のテーマだ。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

オリックスが岡田彰布氏、東北楽天がブラウン氏だって?

どうやら、例え日本一になってもノムさんは監督を退任するらしい。
報知新聞、その他)

高齢(と高年俸?)が理由らしいが、私はあと5年くらいは
どこかの現場で監督をやらせて上げたいなあ。

若い(といってもノムさんよりだから全ての)選手達を指導することが、
生き甲斐になっているみたいだし、
名誉監督なんてガラじゃないよ。

まだ、新監督を決めていない横浜ベイスターズあたりは、
マジでオファーするかも知れないが、是非やらせてあげて欲しいと思う。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

祝・東北楽天2位確定と東京ヤクルトCS初進出

いやあ、強いなあ、東北楽天。
3点のビハインドは、パリーグ2弱のチームにとっては
丁度良いハンデにしかならんね。

ダルビッシュが本調子に戻りそうにない北海道日本ハムとは、
どっちが勝つかわからない、とても面白いシリーズになりそうだ。
この勢いを落とす事無く、ポストシーズンへ突入して欲しい。

アンチ読売の私としては、是非リッチな読売を、
戦力外の寄せ集めからスタートした東北楽天が倒すという、
痛快な日本シリーズまで期待したい。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:58| Comment(2) | TrackBack(2) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

オールスターゲーム考2009

マツダオールスターゲーム2009のファン投票と
選手間投票の結果が発表
された。

5位に低迷しているチームからなんとビックリ、
里崎、井口、サブローの3人も選ばれた。
うち里崎、井口はファンと選手間の両方で1位だ。

井口は帰って来たメジャーリーガーということの
ご祝儀相場もあって、埼玉西武の片岡もイマイチなので、
まあ納得できる。
しかし、大型扇風機サトちゃんの1位は、
パの捕手の層の薄さの再認識と、
サブロー共々、実は知名度があるんだなあと思った。

折角選ばれたのだから、「誇り」に思って、
後半戦への良いキッカケとなるよう、
ふさわしい活躍をして欲しい。

監督推薦では千葉ロッテからはシコースキーくらいかな?

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:54| Comment(1) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

プロ野球の成功する監督の選び方(私見)

ボビーの残留を求める署名が11万人以上から集まったそうだ。

大きな功績のあったボビーへ「感謝」をしめすには充分な数字だ。
さぞ、ボビーも嬉しかっただろう。
主催した方々、ごくろうさまでした。m(_._)m

でも球団を本気で動かそうというつもりなら、
たとえばボビーの年俸である4億円を一部負担するために、
「年会費一口3000円を払っても良い」という人だけで
10万人集めました(これで3億円)ぐらい行けば、
球団としても無視出来なくなっていただろうね。

私はボビーは大変優秀な1軍監督だと思う。
必ずオファーがあって来季もどこかで監督をしているだろう。

しかし、ファームを含めてチームとして進歩しているか?
次の世代が基本を見につけ、
プロ野球選手として育っているかと言えばどうだろうか。

かつての日本ハムのヒルマンのように、
彼を「雇われ店長」のように1軍の指揮だけに限定し、
チーム作りや若手の指導は、育成能力のある、
日本人指導者の手で出来れば理想的なのだと思う。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

ローテ一巡、パリーグ各チームの投手力は?

予定通りに試合を消化し、今日から3カード目。
各チームとも開幕投手が予告先発に顔をそろえた。

今日は、これまで登板したローテーション投手から、
パリーグ各チームの投手力を展望したい。

まず首位を快走する東北楽天。
スーパーエース岩隈と五輪、WBCの経験を
しっかりと自分の成長の糧にした田中将大。
この2枚看板とはまだ差があるが、永井、朝井、
故障中だが片山など比較的若い投手陣は、
さらにノビシロが見込める、決して侮れない陣容だ。
しかもノリの加入でサードゴロが普通にアウトになるのも大きい。
CSにさえ進めば、エースが2人いる分で勝ちあがっちゃうかも。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

早川の投げたバットが捕手に当たる理由

先にことわっておくが、私は「バット投げをしてはならない」と思っている。

しかし、早川選手が「バット投げ」を繰り返す理由を理解せずに、
批判だけをして、また早川選手個人をなじったところで
なんの解決にもならないと思う。

戦争ではなくスポーツ、しかもそれで生活をしているプロが、
相手チームとはいえ、怪我をさせるというのは
当然、報復だって考えられるわけで、
お互いに不毛であることは判っていることだ。

ではなぜ、早川選手は「バット投げ」を繰り返すのか?

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 12:22| Comment(6) | TrackBack(2) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

「15秒ルール」についての補足とまとめ

宮崎では連日WBC日本代表が読売の1.5軍を粉砕した。
どうでもいいけど読売ではスパーリングパートナーとして
歯ごたえ無さ過ぎだ。
3月1日の壮行試合は、第1回のWBCへベストナインの里崎を始め
8人も派遣し、メジャーから井口も加入した
WBCの監督をやりたかったボビー率いる
千葉ロッテに代わった方が、五輪チームをセ選抜で粉砕した
原監督好みの趣向になるんじゃない?(^^;)

話は変わって、今日は「15秒ルール」について
スポーツブログ界のメジャーである
「自称阪神タイガース評論家」さんでチラっと(^^;)
「ネタ
半分」記事を紹介していただいたことだし、
ここでも整理しておくことにした。


続きを読む
タグ:15秒ルール
posted by ばかぼん父 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。