2011年09月11日

「マー君vsハンカチ」の裏番組になって良かった(千葉ロッテM 3-18 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 3-18 福岡ソフトバンクホークス

里崎が欠場中もほとんど勝てそうな試合ができなかったが
この日は今江が欠場したことで、ゲームバランスが
崩れてしまったような印象だった。

監督の脳が冒されている「左右病」の為か、
今江の代役起用された根元のサード守備は
酷かったねえ(>_<)。

送球に慎重だったのだろうが「妙な間」があるわ、
ゴロは少しのイレギュラーで後逸するわ、
極めつけはバント処理で突っ込んでサードベースを
空けてしまっていた。

何をするべきかも知らんような選手をプロの試合で
使わなイカンのかねえ。(>_<)

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

絶品・上野で零封して勝利はしたが(千葉ロッテM 2-0 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 2-0 福岡ソフトバンクホークス

とにかく上野の投球が素晴らしかった。

このところ、良くない出来が続いていたが、
ここへ来て復調してきてくれたか?

今季の数少ない収穫の一人である上野には、
エース級への道を歩んで欲しいね。(^_^)

杉内の立ち上がりに、今江、カスティーヨの
長短打で先制し、スミ1の1−0の試合。

チャンスは作ってもあと1本がでない、
味方のいつもの拙攻は、全く無視するように、
里崎の強気のリードにも上手く乗って、
見事なピッチングでチームに勝利をもたらせてくれた。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

おかわり君一人にチーム本塁打数を抜かれる(埼玉西武L 7-4 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 7-4 千葉ロッテマリーンズ

なでしこジャパン、五輪出場権獲得おめでとう!

明らかに調子が悪いのに勝ち点を確実に積み上げて行った
ところに底力を感じたね。

逆転された途端に、やる気を失ったように淡白になる
どっかのプロ野球チームとは大違いだ。(^^;)

おかわり君の同点スリーランとなったアーチの弾道は、
凄かったなあ。

あんなに高く上がって、ドームの曲面に平行のように
飛んで、スタンドまで行ってしまった。

「頼む、落ちて来てくれ!」と願ったんだけどね。(^^;)

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

里崎が復帰して、零封して連敗ストップ(埼玉西武L 0-2 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 0-2 千葉ロッテマリーンズ

この日から故障でファームに落ちていた里崎が復帰し、
即スタメンマスクを被った。

高めの直球を上手く使っていたと思う。
とにかく千葉ロッテの数少ないストロングポイントの一つは、
外野の守備力にある。

柵越えやライナーでのフェンス直撃さえされなければ、
かなりの確率でアウトにしてくれるのだ。

先制のホームを踏んだY岡田の3塁打も、
2点目の打点となった清田の2ベースも、
うちの外野ならアウトの打球。

セオリー通りに低めに集めるだけでなく、
敢えて高めで勝負してフライを打たせる配球も有効なのだ。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

遅すぎたくらいの最下位転落(埼玉西武L 5-1 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 5-1 千葉ロッテマリーンズ

最後は中島に2ランを食らってとどめを刺されたが、
散々球数を放らせられながら、成瀬はエースの
投球をしてくれたと思う。

「150球投げたら、打ってくれますか?」
「200球投げてもいいから打って下さいよ」
というような声が聞こえてきそうだった。

西村マリーンズは「ミスが一番痛い。しっかりやらないと」
らしく、休日返上でバント練習
をしたそうな。

チャンスを作っても得点に結びつけられない事の方が
問題なのは、誰が見ても明らかだと思うのだけどなあ。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

生観戦でダメさを確認(千葉ロッテM 3-6 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 3-6 東北楽天イーグルス

息子と2人で今季初のQVCマリンフィールドへ
行ってきました。(カミさんは野生の勘で拒否^^;)

5回表に渡辺正人にエラーが出てチェンジのはずが、
ピンチになった時、
「この後3ランを打たれたら帰って世界陸上を見よう」
と、息子に言ったら、2点タイムリー3ベース止まり。

上位打線より期待のできる清田からの打順で、
「この回、0点だったら帰ろう」と言ってたら、
3点とっての「追いつかない程度の攻撃」。

結局、中途半端にひっぱられ(^^;)8回裏の、
この試合で、一番期待ができる感じだった
角中の打席まで見て(あれがファールになって万事休す)
駐車場出口が混むのを避けるために席を立ちました。

いや、いけませんねえ、今季のマリーンズ・・・。
ということを再確認しました。
続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

マッチから崩され初回で勝負アリ(千葉ロッテM 1-10 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 1-10 東北楽天イーグルス

投手攻略の最初のチャンスは初回にアリ。

千葉ロッテにやって欲しいことを東北楽天にやられ、
そして、脆くも崩れましたとサ、というゲーム。

一死から四球で出たランナーが盗塁し、
マッチの悪送球を誘って一死3塁。
四球を挟んで2点タイムリー2ベース。

マッチのパスボールで三進させタイムリー。
あっと言う間に0−3となって
まー君が一球も投げる前に勝負がついた。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

貧打の解消なくして浮上なし(千葉ロッテM 3-6 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 3-6 東北楽天イーグルス

世界陸上の女子槍投げの5投目は高いレベルで
抜きつ抜かれつの展開となり面白かったねえ。

なでしこに限らず、どこの国も女性の方が
勝負強いなあ。(^^;)

男子サッカーのW杯3次予選が始まった。
長谷部は奮闘していたが、
押しまくりながらも決定力不足を露呈し、
本田、長友らが不在の駒落ち感は否めなかった。

しかし終了間際、吉田麻也のヘッドが
日本を救ってくれた。
これで、3次予選は大丈夫だろうと思う。

ロッテが逆転されてから、世界陸上と
サッカー日本代表をTVの2画面で見て、
千葉ロッテの試合はパソコンへ降格してました。(^^;)

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

木村と山本徹矢の限界を確かめた試合(千葉ロッテM 2-8 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 2-8 北海道日本ハムファイターズ

2アウト2塁からポンポンとタイムリーが
出るのが実に羨ましいねえ。

というか、小谷野が以前語っていたように
「チャンスの方が配球を読み易い」のだろう。

つまり、捕手の考えが「マルッとお見通し」なんだろうね。

マッチはホントにチャンスなんだから、経験を糧に
相手を上回る観察眼と洞察力を身につけるべく、
進歩して行って欲しいものだ。

いや、これはマッチに限らず、千葉ロッテの捕手全員に
言える事だけれどね。(^^;)

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

二岡にカーブを拾われ小谷野に直球をとどめの3ラン(千葉ロッテM 1-6 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 1-6 北海道日本ハムファイターズ

台風どころか、マリンの風まで凪状態。
これではドームでやっているのと変わらんのだから、
ダルビッシュはやはりダルビッシュでした。

2回のマッチの当たりがフェアになっていたらなあ。
浦和マリーンズを並べてダルに気を抜かせる策戦が、
奏功したと書けたのにね(^^;)。

先発の唐川は直球が悪かったようで、変化球に最初から
変化球に頼るピッチング。

それでも3回の井口がライナーを捕れずにヒットに
してしまったのをキッカケに陽のタイムリーの1点で
凌いでいた。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

伊志嶺復帰祝いの快勝(千葉ロッテM 5-3 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 5-3 北海道日本ハムファイターズ

世界陸上の400mでゴール後、目一杯走ってよろけた
メリットが、勝った若いキラニ・ジェームズに笑いながら
抱きついたのは良い映像だったなあ。(どうでも良いけど^^;)

この日から伊志嶺が復帰し、考える事が苦手そうな
西村監督の心労が一つ解消された。

それで?3番井口と5番今江を入れ替え、「聖域」に
中途半端ではあるが、手をつけた。

その効果か、成瀬vs武田勝の投手戦から、4回裏に、
久しぶりの集中打が見られた。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

柵越えはY岡田も捕れない(オリックスB 6-4 千葉ロッテM)

オリックスバファローズ 6-4 千葉ロッテマリーンズ

解説の野田氏が言っていた。
「フィガロはランナー1塁の時、フォームが乱れるが、
いっそ2塁へ行った方が安定して良い球が行く」

つまり、盗塁を警戒し「クイックで投げなきゃ」というものが
プレッシャーとなるタイプ。

そんな投手に対してだよ。
しかも立ち上がりに、バントで一死をくれてやりながら
2塁へランナーを進め、打てない3番4番に任せる采配って、
敗退行為と言っても良いのではないだろうか?

ホント、何も学習してないし、何も考えてないんだねえ(>_<)。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

先制攻撃がハマッて2点先制(オリックスB 1-3 千葉ロッテM)

オリックスバファローズ 1-3 千葉ロッテマリーンズ

1回表、一死から早坂が初球をヒットで出塁すると、
井口の初球にいきなり盗塁!

それが相手の悪送球を誘って一死3塁を作った。

ここで、不振をかこっていた井口が2球目を
ライト前へタイムリー!

カスティーヨもヒットで繋いで1、3塁を作り、
今江の犠牲フライで「2点も」先制することに成功!

どうやら、ベンチから積極的に打ちにいくことが
指示されていたそう
だ。

やればできるじゃん。つーか、常に頭を使ってやれ。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

やっと「1点」取れた試合をエラーで落とす(オリックスB 3-1 千葉ロッテM)

オリックスバファローズ 3-1 千葉ロッテマリーンズ

打線が低調なのはお互い様だが、マーフィーの
よく見たバント処理からの悪送球をキッカケに負けました。

昨年も散々やったのだから、気持ちを入れて練習しろよ。
そして指導者も練習させろよ。どっちも「プロ」だろ?

守備で負けたと言うが、実際ポテンタイムリーの1点だけからね。

誰が出ても打てないことに変わりがないのに、
明らかに休ませた方が良さそうに見える選手も、
休ませる事も出来ない監督の職務怠慢が、
エラー以前の問題だと思う。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

「3試合で1点打線」に成り下がる(福岡ソフトバンクH 1-0 千葉ロッテM)

福岡ソフトバンクホークス 1-0 千葉ロッテマリーンズ

1年で一番疲れると言っても良い、毎年恒例の
職場の3日間のイベントが昨日終りました。

イベントの準備に集中するため、更新をさぼっていましたが
その間のマリーンズは散々だったようですね。

まあ、救いは2戦目の木村と山本徹のデビューと、
苛めのような見殺しにあったとはいえ、3戦目の上野の好投。

まあ、ついでに里崎の1塁へのヘッスラも付け加えておこう。


問題点が打撃に有る事は明らかなのに、同じようにしか
やらないのだから、同じような結果に終るのは当然。

ここまで、ネガティブデータが間違いなくネガティブであることを
何度も何度もこれでもかと確かめる必要はないし、
時間の無駄なんだけどなあ(>_<)。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

「西口の勝ち」でも良かったような今季初のサヨナラ勝ち(千葉ロッテM 4x-3 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 4x-3 埼玉西武ライオンズ

埼玉西武のベテラン西口の投球は素晴らしかった。

3回裏にこそ、2点をとって逆転したとは言っても、
内容は実質井口の1安打のみ。

この回先頭のスタメン起用の角中のフライを埼玉西武の
外野が見失ったのか、譲り合ったのか今季初ヒットとなる2ベース。

渡辺正人がバントで送って一死3塁。
しかし、この日サッパリのY岡田がピーゴロで、
角中が飛び出し憤死し、二死2塁。

ここで工藤がセンター前にポテンヒットで同点。

牽制球をホセが後逸し、二死2塁から、
井口が3塁左を破って2−1と逆転した。

千葉ロッテは「1点打線」から「2点打線」へは昇格したようだ。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

貧打線が岸を立ち直らせてあげる(千葉ロッテM 2-3 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 2-3 埼玉西武ライオンズ

埼玉西武の先制攻撃は見事だった。

一死からランエンドヒットの状況で、
3番中島がコンパクトにキッチリセカンドの頭の上を
破るライト前ヒットで1、3塁。

一走中島が盗塁すると、ダブルスチールを警戒したのか
井口がベースの前に出てキャッチし、タイミングは
アウトだったのに、追いタッチになってセーフ。

中村を0−2ピッチから四球で歩かせて満塁。

俊介の立ち上がりに調子を掴む前に攻め立てられて、
ホセが打ち損なった犠牲フライと、秋山に
不用意に投げた初球をセンター前に叩かれ2失点した。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

8−0から最後は逃げの引き分け(千葉ロッテM 9-9 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 9-9 北海道日本ハムファイターズ

日ハムファンにとっては、こんな楽しい試合はなかったろう。

8−0から引き分けってどこのベイスターズだよ。

でも、5回に上野が「アウトにならない攻撃」を食らって
炎上したときは、「さすが日ハムは強い。こりゃ負けた」
と思った。

しかし、里崎のキャッチャーファールフライの
ファインプレーで2塁へタッチアップした小谷野を刺した
ゲッツーと、粘りに粘って打った「ドヤ」犠牲フライで、
勝てたなら、なかなか強いと思えたのだけどねえ(>_<)。

あそこで鶴岡に一発食らうようでは、詰めが甘い。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

糸数にわずか4安打完封負け(千葉ロッテM 0-9 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 0-9 北海道日本ハムファイターズ

「1点打線」が1点も取れずに完封負け。

一方、大谷は5回まで1失点と粘ったが、
6回に日ハム打線につかまって、0−3となった時点で
ほぼ勝負アリ。

唯一の救いは、伊藤君らを投入しないで済んだことだ。

試合の総論はこれくらいにして、細かいことを
ブチブチと書く。(^^;)

この日、伊志嶺が急性扁桃炎とかで欠場し、
ライトへ工藤、レフトへ清田を入れた。

これって、ライト清田、レフト工藤の方が良くないか?

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

高校野球にインスパイアされて?快勝(千葉ロッテM 4-1 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 4-1 北海道日本ハムファイターズ

エース成瀬でキッチリカード初戦を取れました。(^_^)

初回、スケールズに大きなレフトフライを打たれたものの
三者凡退に抑えると、いきなり打線がウルフを捉えた。

先頭の伊志嶺がヒットで出塁すると、Y岡田が2ボールから
バントを空振りする。

そして2−1ピッチからエンドラン!で、
作新学院出身のY岡田がセンター前へヒット!
無死1、2塁のチャンスを作った。

井口が緩いショートゴロで、一死1、3塁、
カスティーヨが怖がられて四球で満塁のチャンス。

今江が初球のカーブを打ち損じセカンドフライで二死。
ここで無得点なら、いつもの拙攻で終るところだが、
この日は違った。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。