2008年01月28日

爆走-ガス欠-転倒-笑顔で手を振る-「おもしろかった・かな?」(大阪国際女子マラソン)

スタンドで泣いている福士選手のお母さんを見て、
私も涙が出た。

何度も倒れながら、意識をとばしながら
やっとのことでゴールした後、
両脇を抱えられながらグランドから去っていく時も
スタンドに向かって笑顔で手を振っていた。

福士加代子、
ホントに「気持ち」が凄い選手だなあと思う。

それと同時に、箱根であと500m地点で棄権した
順天堂大の選手を思い出し、
日本人は、男性より女性の方が強いとも思った。(^^;)


レースは福士がいきなり飛び出し独走。
一時は600m以上の差をつけた。

といっても、野口のコースレコードよりも遅く、
野口に引っ張られた初マラソン最高の坂本の
記録にも及ばないペース。

なので
、けっして「暴走」ではなかった。

しかし、それでも30km過ぎでエネルギー切れ。
陣営の準備不足と認識不足を
露呈しただけのレースとなった。

日本人トップで2位の森本選手も
レース展開もタイムも見るべきところが全く無い。

これで残念ながらというか、
陸連もホっととしたというか、
女子マラソンの五輪代表選考はえらく簡単になった。

灼熱の世界陸上で根性の3位で内定の土佐礼子、
実績も記録の抜群で、ほぼ確定の野口みずき、
あと1枠を名古屋の一発勝負で
日本人トップの選手を選べばよい。

福士が野口並みに走ってしまえば
名古屋は玉砕覚悟レースになるところだったが、
記録よりも勝負のレースになると予想され、
 2時間24分ぐらいで走れる皆に北京行きの
チャンスが残ったともいえる。

Qちゃんが勝つにしろ、坂本直子や原由美子等、
次世代の選手がQちゃんを破って代表になるにしろ
まあ、誰でもいい感じかな。

いま日本で世界とトップを争えるランナーは、
野口みずきだけ、
ということがハッキリとした福士の失速だった。



posted by ばかぼん父 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 駅伝・マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81018627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

福士加代子、初マラソンは後半大失速!も誰が優勝したか忘れちゃうような記憶に残る完走劇場!!
Excerpt: by Seesaaショッピング夢を走り続ける女たち―女子マラソン炎の闘..¥ 今日は、プロ野球のマスターズリーグの最終戦があって、結局札幌アンビシャスが優勝したらしいのですが、そのあたりの詳しいところ..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~野球狂あさちゃん。
Tracked: 2008-01-28 11:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。