2008年01月25日

監督の必要条件と名将論

風邪による熱発をきっかけに冬眠していましたが、
サッカー岡田ジャパンの初戦や、
前代未聞のハンドボール「やり直し予選」も迫ってきたし、
その他にも書いておきたいことも溜まりつつあったので
ぼちぼちと再開します。

「組織というのはリーダーの力量以上には伸びない」

これはNHKのヒルマンとボビーの対談番組や
テレビ東京のカンブリア宮殿で放送された野村監督の言葉だ。

この後「戦力だなんだと求める前に監督が力をつけると
いうことなんじゃないでしょうかね」と続く(NHK)。

「うーむ、深いなあ」と思うし、その通りだと思う。


監督やリーダー、指揮官として「さらなる向上心」を
年齢や立場に関係なく持ち続けること、
これができることが、監督業で成功できる人間の
必要条件なんだろう。

今年の全国高校サッカー選手権を圧勝した
本田 裕一郎氏も然り。

この野村監督の言葉をキーワードにして、
どのスポーツでも監督さん達とチームの姿を見れば、
充分納得することができると思う。


今年のNHKの正月用番組はなかなかレベルが高く面白かった。
そのひとつ「プロフェッショナル」の1月2日と22日にイチロー特集。

イチローが「ホンマもんのプロ」であることは
今更書くまでもないことだが、
番組中の自信に満ちあふれていた表情が印象的だった。
今季は「さらに」やるだろう。とても楽しみだ。

その番組中でのエピソードのひとつに
イチローがリスペクトしているという故・仰木彬氏の話があった。

イチローが仰木さんを「このおっさん、すげえ」と思ったのは、
オリックスが試合に負けた時に、
その試合で4打数1安打2塁打1本だったイチローまで、
チームの雰囲気に合わせてシュンとしていたら、
「お前はなんで喜んでいないんだ?2塁打を打ったのだから
喜ぶべき」と諭されたことだそうだ。

「チームのことを考えるのは監督の仕事、
選手は自分のやるべきことに全力を尽くせばよい」と
いうことらしい。

とりようによっては個人主義礼賛かも知れないが、
ブレークして爆発的に成長しているイチロー相手だからこそ、
このまま余計なことを考えずに
どんどん伸びていって欲しいという気持ちだったのだろう。

「向上心」が監督の必要条件なら、
預かる選手の将来を考えられること、
これこそが「名将」の条件ではないだろうか?

チームのため、ファンのためという事は、言い換えれば
チームの成績によって評価される
「監督自身のため」ということにもなる。

そこを超越して「その選手の将来のため」を第一に考えて
ある時は叱り、ある時は助言を与え、
時には状況に応じて自己犠牲を強いることも
その選手の成長を促すことになるのだと思う。

オシム監督が、選手に走ることを強い、
なにかにつけ考える習慣をつけさせようということもそう、
リハビリしながら「代表に呼ばれて満足するな」と
ゲキをとばすこともそう。

選手が個々にレベルアップすることで
チーム力が上がって成果を得る。

でもそのことは結果にすぎないって感じで
後になって選手から感謝されるような人こそ、
「名将」なんだと思う。

posted by ばかぼん父 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。