2008年01月02日

天皇杯はJリーグ王者が完勝とオシムさんのメッセージ(鹿島A 2-0 S広島)

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて、天皇杯の決勝。
出場停止で柏木を欠くサンフレッチェ広島は、
トップ下に高萩を使った。
しかし判断の遅さを衝かれ、すぐに囲まれてしまう。

前半8分にチラッと中を見てから
右サイドを抉った内田が、
クロスではなくシュートを選択。
ファーサイドへ見事に突き刺し、あっという間に先制した。


前半は広島は何もできないうちに終了し、

後半も鹿島が堅い守備力で広島の反撃を跳ね返し続け
1−0のままロスタイム。

途中出場した柳沢が右サイドで時間稼ぎをするところを
ボールを奪いに来たところを上手く逆を取って抜け出す。

ここで逆サイドを駆け上がってきたダニーロへパス。
とどめのゴールを叩き込んだ。

自分で撃てる場面でもパスを選択する柳沢らしいプレー。
柳沢はやっぱり相変わらずだなあ(^^;)。

小笠原のいる鹿島は、優勝にふさわしい強いチームだった。

さて、ハーフタイムにオシムさんの新年のメッセージが
紹介された。
サッカーはサプライズ(意外性)のゲームであり、(その点で)人生と似ています。新しい年2008年がポジティブなサプライズの年でありますように、また選手およびサッカーファンの皆さんにとって幸運と健康に恵まれますよう。 
あたりさわりのない文章なんだけど、幸せのためには
「ポジティブなサプライズ」が必要ですか、
そうですか、やっぱり(^^;)。

とにかくリハビリを頑張って、現場へ復帰して欲しい。
あのオジイにはサッカーこそが生甲斐だろうし、
復活へのモチベーションとなるだろう。

どんな立場になるかはわからないけれど、
日本サッカーのためになる
オシムさんのサッカーへの考え方、方法論、アイデアなどを、
まだまだ知りたい。

posted by ばかぼん父 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。