2007年12月15日

MLB薬物汚染で日本人プレーヤー需要はさらに上がるだろう


ミッシェルレポートで、薬物を使ったと疑われる95人もの実名
公表された。

真っ向否定している選手もいるし、これは氷山の一角であり、
まだ漏れている選手もいるという指摘もあるが、
かなりの選手が汚染されているのは間違いないだろう。

スポニチのカブレラに関する記事は、やってたんだろうなと思わされる。


「ばれなきゃやっても良い」という考えがあるので、
最近はステロイドではなく、hGH(ヒト成長ホルモン)が使われている。
もともと体内にある物質なので、定性試験ではなく「量」として
異常値が出ないと露見しないので、数週間止めれば検出不能。

シーズン直前やシーズン中に抜き打ちで検査しないと
監視していることにはならない。

個人レベルをこえた大規模汚染が明らかとなった以上、
厳しい監視体制がしかれることになるだろう。

人種は違うといっても、同じホモ・サピエンス。
ありすぎた「パワーの違い」は、薬物の力を借りていたとしたら、
野球自体にパワーにたよらなくなるような
変化がおきるかもしれない。

一昨年のホワイトソックス井口、昨年のカージナルスの田口と
己を犠牲に出来る日本人がいたチームがワールドチャンピオンに
なっていた。

これからは、MLBの野球がパワーに頼らない「日本野球」に
近づいて、ますます日本人選手の需要が高まっていくかもしれない。

posted by ばかぼん父 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。