2007年11月28日

日本代表監督、岡田氏が2度目のリリーフ登板へ

オシムさんは意識を取り戻す段階へ進んだようだ。
CTスキャンで回復が見られたということだろうから
まずは良かった。

最初の言葉が何なのか、期待とともに興味がある。
どうか、頭脳明晰さは失ってないことを
お祈りしたい。

それはさておき、
どうやら日本代表の後任監督は岡田武史さんになりそうだ。


加茂周更迭の後を受けたフランスW杯予選。
ジョホールバルの歓喜で岡野のゴールで初出場を決めたが
本大会では3バックで専守防衛をしながら、
三戦全敗に終わった監督だ。
その時のコーチが小野剛技術委員長。
「オシム監督の評価はポジティブだが、同じサッカーを求めて監督を縛るのはよくない。土台を大切に、上に新しい個性をつけてもらおう、と。土台をたたき壊されたら、ここからの時間は少ない。“破壊者”の要素は避けたいが、強烈な個性とリーダーシップ、求心力を持った人であること。最後に2月6日から(W杯アジア3次予選が)始まることを考えると、コミュニケーションをうまく作れないといけない。そして第一に考えたのは、岡田さんしかいないだろう、と。岡田元監督に託すと決めた」
岡田さんがどのようなサッカーを目指し、
どのようなチームを作ってくれるのかはまだわからないが、
小野技術委員長の「人脈の狭さ」で、
この難局を頼めるのが岡ちゃんしかいなかったという
印象が拭えない。

オシム路線、つまり日本人らしいサッカーを創造するという
大きなテーマを引き継ぐのか?
それとも、それはそれとして南アフリカW杯は
岡田監督に全て任せるのか、さっぱり見えない。

「オシムが築いた土台を大切に個性をつける人」と、
縛りたくない、壊されたくないと中途半端なコメントどおり、
中途半端な人選となってしまった。

コーチ陣をどうするのかはまだ未定だが、
オシムはあえて、後進の指導者も育てるために、
言葉が直接通じなくても日本人コーチを使っていたのに、
内部昇格ではなく、日本人の外部招聘。

ホントにオシム監督をポジティブに評価していたのかな?


私はもちろんオシムが作ろうとしたチームを見たい。

確かに、飛行機に乗れないので、チームと帯同する事は無理だし、
試合の現場での指揮はとれないだろう。

でも、オシムに求めていたものは、寄せ集めた選手をつかって
現場でうまくやる監督ではなく、
日本オリジナルとなる、日本人の特徴に合ったサッカーを
作り出すことだ。

技術が進歩し、離れたところでもTV会議だってできる時代だ。
オシムさんの頭脳さえ無事なら、監督という立場は離れても
これまでどおり志を同じくする監督やコーチ達を指導しながら
チームを作り、「日本のサッカー」を創造することは可能じゃないだろうか?

とにかく
回復したオシムさんが、この人事についてなんと言うか、
聞いてみたいものだ。


posted by ばかぼん父 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。