2007年11月21日

日本代表の後任監督問題

昨日、ニッカンスポーツが
「オジェック氏が次期日本代表監督に内定
という
とばし記事を掲載すると、
その日のうちに時事通信

「寝耳に水。日本サッカー協会から何の打診もない」と否定した。既に浦和はオジェック監督と来季の契約を交わしている。

共同通信

オジェック監督本人にも日本協会からの打診が現時点でないことを確認した。日本協会からは報道で迷惑がかかったことを謝罪する電話を受けた。

と真っ向から否定した。


先日「大連立」を画策した大新聞社の首領といい、
時期や状況をわきまえない、考えなしのスポーツ紙といい、
日本のマスコミはかなりおかしくなっている。

でも日本協会が謝罪したということは、
内々の話をマスコミに漏らした「考えなし」が協会にもいるということだが。


しかし、オシム監督が脳梗塞をやってしまった以上、
気圧の急激な変化が起こる飛行機に
しばらくは乗れなくなってしまったのも事実。

今後日本代表監督をどのようにするのかは、
粛々と検討しなければいけない課題であることは
間違いない。

具体的には、大きく分けて
オシムさんがやろうとしていた「日本人らしいサッカー」を
創り出すというプロジェクトを、あくまで貫こうとするのか、
新たな監督を迎えて、その人に任せるのかの二者択一だ。

前者なら、オシムさんの意見を聞きながら、
大熊コーチか反町五輪代表監督に現場を任せるという手。

後者を選ぶのなら、何の制限もなく今空いている、または
来季空きそうな人から選ぶこととなる。

ロシア代表監督としてユーロ2008への道が閉ざされかかっている
ヒディング氏を含めてね。(空かないか^^;)

「代表監督は選手を選べばよい」という考え方もあるが、
日本にはまだ、そんなやり方で「チーム」になるほど、
サッカーが成熟していない。

オシム監督がやろうとしたのは、あたかもクラブチームのように
日本人にあった戦い方を作り出そうとしていた方だ。

私の結論は、オシムの代わりをできる人はオシムしかいないと
いうこと。

今はただ、オシムさんの回復を祈るしかできない。
拙速にならずに、
少なくとも今年いっぱいくらいは
後遺症の具合を見極めて、それから

後任人事を進めても良いのではないだろうか。


posted by ばかぼん父 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。