2007年09月15日

重苦しい首位攻防戦とFK vs ウッズの2本立て(阪神T 5-7 中日D)

阪神はハナから守備力に目をつぶっているチームなので、
拙いプレーが随所にでても、それは想定内なのだろう。

そのすることで「みんな下手なら怖くない」となって、
阪神基準では、守れない選手が、いつのまにかいなくなり
「層を暑くする効果」がでている。

実際は「下手なプレー」のオンパレードで違和感ありありで、
やっぱり慣れる事が出来ないのだが(^^;)。

先発は若きエースに成長した(とこの試合まで思っていた)朝倉と
ボーグルソン。

風がなく、みるからに蒸し暑そうな甲子園。
この両投手に、辛いマウンドとなった。



試合は3回に「ノーアウトからの四球」の法則で中日が1点先制した。

4回、一死から赤星が高いバウンドのゴロ、
ウッズが飛びついて良く捕ったのだが、朝倉にトスするより、
赤星との競争を選んで完敗し、内野安打。

この後から朝倉のボールが高めに抜け始める。
シーツは高めに抜けたボールを打ってセンターフライで2死をとるものの
ここからなんと、4連続四球。

朝倉のユニフォームは汗で他の選手より色が濃くなっている。
ボタボタと汗をたらしながら、苦しいピッチング。
フォームが崩れ、内容もどんどん悪くなる。

藤本にもノースリー。
真ん中を狙って直球を投げるだけ、後は勝手にボールが散ってくれる。

そんな投球でちょっと投げ方が戻ってきたところで、
最後はホントに真ん中へ行ったところをセンター前タイムリー。
これで4−1。

ここでやっと投手交代。
次期エースの朝倉が自分で修正することを期待し、
さほど状態がよいとは言えないリリーフをつぎ込めない事情もあって
勝負あったか?と思われた。

しかし、ボーグルソンも緊張していたのか、ボール球も多く、
球数も嵩み、けっしてよいデキではない。
5回まで投げてくれれば、勝ち投手の権利・・・という思惑も
あったのだろう。

その5回につかまり、井端が3ベース、1死後、ノリが犠牲フライ
ウッズがヒットで、森野がライトオーバーの3塁打で1点差とする。

ここでたまらず江草を投入する。
阪神も継投のタイミング遅れのお付き合い。

死力を尽くしたパの首位攻防戦とは大違いの、余裕たっぷりな流れ。

私はもう天王山だと思っているのだが、まだ勝負どころは先ですか?

中日は5回裏から久本が登板。
先頭の鳥谷のセカンドフライを荒木が落球。

ここで赤星がバント、久本が素早く処理し、タッチプレーの
三塁でアウト。
原因は前にも書いたが鳥谷のスタートの悪さ。
「反省なきところに進歩なし」

このプレーが久本をのせた。
台所の苦しい中日は、久本を6回表に打席にも送って、
3イニング投げさせて無失点。

6回に投げた阪神の渡辺亮は素晴らしかったので、
代打を送っても無駄だったろうし、良い判断だった。

7回からは久保田。
阪神にしたら1点勝っていれば、逃げ切るのがパターン。
しかし、2死1塁から、ウッズに外角一辺倒から一転内角高めで
詰まらせにいったところをバックスクリーンへ運ばれた。

甲子園は右中間、左中間は広いのだが、バックスクリーンはやや近い。
そこへ飛んだ大きなフライがHRとなってしまった。
ウッズのパワー勝ちという感じだった。

矢野の配球の意図と久保田の気持ちが一致していたのかどうか。
ボール球でも良いのだから、もうちょっと内側をついていればなあ、
という惜しい投球だった。

8回表は、ジェフではなく橋本。
久保田が2アウトからウッズに打たれるまでリードしていたのだから
この試合で投げられる状態なら、調整登板でも出てくるかと思った。

ということは最初から準備していたのは橋本、
ということは、ジェフはまだ使えないということか。

8回裏に金本の執念のポテンヒットで同点に追いついた9回、
マウンドへは球児。

先頭の代打立浪が、初球の変化球を打って三遊間を破った。

意表をついたつもりの初球の変化球を打たれたことで、
球児は「直球勝負で行きたい」という気持ちになった。

バントで送って、荒木がヒットで一死1,3塁。
ノリのファーストゴロで立浪の代走英智が三本間に挟まれて
2死2,3塁。
ファーストは光信ですから、ってことか。

ここからウッズとの11球ストレート勝負が始まる。

球児にしたら、ウッズは三振が取れる打者。
なので勝負は間違ってない。

ただ、空振りするはずの高めのボールを、一度は空振りしたが、
2度目を見送られたのが誤算。

フルカウントから低めのストレートでファールという
パターンが繰り返される。

オール直球で勝負してくれる球児のことが好きになったのか(^^;)
ウッズの表情から笑みがこぼれる。

実はそうではなくて、直球が来ると解っていて打ちにいって
前にとばせない、自分に苦笑いだったのだろう。

最後は、基本に忠実にコンパクトにセンター返し。
球児がウッズに打撃を教えた瞬間だった。

変化球を混ぜれば三振だっただろう。
でも、直球勝負は間違っていないと思う。

でも、ヒットもHRも同じだったのだから、
打者にカッとこさせて振らせる、
インコース高めのボール気味の球で勝負するべきだったのではと思う。

それにしても、2点目のランナーに対するバックホーム。
中継のところまでで、ワンバウンドってねえ。
まあ、カットマンが、ファーストの光信ですから、ということか。

読売が大逆転で勝って、3強が0.5ゲーム差。

阪神は自慢の「印籠」が、当たり前だが、さすがに疲れてきた。
身体もそうだが、心がそうだ。

江草、渡辺、橋本、久保田を使った後の同点で出された球児。
延長なんて真っ平ごめん。
じっくりいくより、「早く勝負にいきたい」という
気持ちだったのかもしれないなあ。

それぞれ、決め手を欠いている三強。
その中で、絶対的なJFKを中心とした潤沢なリリーフ陣を
もっている分だけ、阪神が一歩有利と見ていたが、
これでいよいよわからなくなってきた。
posted by ばかぼん父 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。