2007年09月12日

開き直って、チャレンジして、自信を掴む(日本代表 4-3 スイス代表)

久しぶりに見ていて面白い、日本代表戦だった。

FWは巻のワントップ、攻撃的MFに、俊輔、遠藤、松井、
ボランチは鈴木と稲本、4バックに駒野、中澤、闘利王、加地。

前半は、スイス代表の「日本のお手本となるような」ゲーム。
中盤を完全に支配され、ワンタッチ、ツータッチでボールを廻され、
人数をかけて奪いに行っても取る事が出来ない。

スイスの左サイドのマニャンが攻撃参加するタイミングも素晴らしく
スピードもあって、度々ピンチを迎えた。

ペナルティエリアのすぐ外でFKを与えてしまい、ボールをずらされて
壁の外からゴールを割られる。



そのすぐ2分後には闘利王がハンドをとられてPKで、
あっというまに2−0。

日本は劣勢の中盤をとばして、DFラインから前線に送るが、
ことごとくオフサイドにかかる。

前半31分の松井が抜け出し、ゴール右からDFを交わしてシュートを
したのが、唯一の見せ場だった。

スイスは良く組織されているなあという印象で、負けていても
それなりに見ていて気持ちの良いサッカーだった。
やっぱりレベルの高いものをみるのは楽しいね。

オシム監督が「ハーフタイムがあってよかった」と語ったように
後半、日本代表が開き直ったのかのように
見違えるように積極的になった。

後半早々の7分、左サイドから松井が仕掛けてPKをもらう。
中村俊輔がキッチリ決めて1−2。
監督は何をしろというのは言わない。情報を提供しつつ、自分で判断しろという感じ。こうしなきゃダメというのもない。だから監督の話を聞きつつ、(自分のプレーを)やりたいと思う。自分らしさをチームに入れていければいい。1人1人個々の能力があるし、(それぞれ)いいところを出せば展開は確実によくなる。自分としては積極的に前へ行きたい。ゴールに絡む仕事ができればいい。
というのが、松井の前日コメントだが、かれは言葉が通じる分、
一番後から加わったのに、監督の意図を理解できている。
そう、こうしなきゃならないというのではなくて、自分で考えて
プレーしなければならないということだ。

松井、ナイスプレーだった。

この1点で日本はやれるという自信が芽生え、積極的になった。
相手のワントップに対し、中澤を残して闘利王が上がる。
時には逆に中澤が上がる。

そう、この2人のコンビは良いね。
一人がサイドにつり出されても、一人は高さをもった人間が
ゴール前に残れる。

闘利王が攻めに参加することで、数的に優位になって
スイスの守備が混乱しチャンスを掴む。

後半22分、FKから巻がDFに引っ張られながら、実に彼らしい
泥臭いヘッドで同点ゴール!!!

これで嵩にかかる日本は、ワンタッチパスに慣れている山岸を松井に
代えて投入。
闘利王のパスを山岸がヘッドで落とし、俊輔がダイレクトで
スルーパス、効き足が頭の巻はゴールを外すが(しかもオフサイド)
ながれるようなパスワークでチャンスを作る。

後半33分、松井の加入が刺激となった山岸が左サイドから
クロスをあげる。
巻が今度はもっと強く引っ張られてPK。
俊輔がさっきとは逆に決めて勝ち越し。

その巻を、若くてスピードがあって足も使える矢野と交代。

しかし、スイスに不用意にコーナーキックを与え、
交代機のマークのずれをつかれて同点を許してしまう。

スイスのセットプレーは、よくできていて、
見事に中澤と闘利王をニア側へつって、その背後に入り込まれ
フリーで打たれた。

また引き分けか?と思われる展開だが、PK戦など全く眼中にない
オシム監督は、疲れが見えるPK職人の遠藤と俊輔を
佐藤寿人と中村憲剛と相次いで交代。

この交代が当たった。

ロスタイムに、流れるような美しい攻撃から山岸のクロスをケンゴが
シュート。キーパーが弾いたところを反応のよさで優った矢野が、
足を伸ばして、ゴール決めた。

やれば出来るじゃん!

これまで、自分で自分を枠にはめていてようなサッカーから、
自分達よりボール回しも上手く、よく組織されている強敵と対峙する
ことで、自分達にできることを思い切ってやることができた、
初めての試合だったと思う。

オシム監督のサッカーは、気持ちの上でチャレンジャーにならなきゃ、
良さがでない。

この経験をしっかり糧にして、階段を一歩ずつ上っていって欲しい。

それにしても、ワクワクする楽しいサッカーだった。





posted by ばかぼん父 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。