2007年09月08日

オシムジャパンのピースが集い、つながり始める最初の試合(日本代表 0-0 オーストリア代表)

オーストリアへ遠征しての、オーストリア代表とスイス代表との2試合。
セルティック中村俊輔に加え、満を持してルマンの松井、
フランクフルトの稲本を招集した。

オーストリアは、典型的な守備を固めてカウンターのチーム。
守備への戻りは速いし、試合開始早々の2人でパス交換しながらの
攻め上がりは迫力があった。

しかし、試合のほとんどを日本が支配しながらのスコアレスドロー。

決定力不足はもちろんだが、攻めに関してちょっと慎重になりすぎたかな。


光ったのは、田中達也の敏捷性と、稲本の骨身を惜しぬ迫力のある守備。

イマイチなのは両サイドバック。
勝負をしないし、クロスの精度も悪い。
突破して抉ってというパターンを見せてこそ、
パスをつないでいくパターンも活きる。

左利きの左サイドバックをW杯予選までに手に入れて、
右サイドバックのポジションを加地と駒野で争う形にしないとね。

ザルツブルグの宮本は「スピードがない」という理由
(と年齢的なもの?)で呼ばれなかったが、バーゼルの中田浩二は
なぜよばないのだろう?

アジア予選への移動の疲労のリスクを考えて、欧州枠を3名程度にまで
抑えたいためのあるので狭き門だが、オシム短得が視察する、
UEFAカップのバーゼルの試合でアピールして欲しい。

待望の松井大輔を後半26分から投入。
見ている側から言えば、1対1で仕掛けるだけでも新鮮だったが、
抜き去るまではいたらず、コンビネーションももうひとつだった。

しかし、”言いつけを守る良い子の集まり”の日本代表は、
単調になりがちなので、リズムを変える働きはしたと思う。
(実際、「オシム先生」は、言いつけを守るだけの
プレーをして欲しいのではなくて、
さらにその先を自分で考えてプレーを選択して欲しいのだが)

2度ほどあった、ワンタッチパスでゴール前へ走りこむ{おお!」と
言う場面を増やすためにも、「仕掛け」て、ディフェンスを広げる
ような、攻撃のバリエーションを増やして欲しい。

多分、強豪スイス戦でのメンバーが、
現時点での、(高原を除く)ほぼベストメンバーだろう。
(阿部はディフェンスのスーパーサブまたは鈴木とのポジション争い)

鈴木とボランチを組むのは中村憲剛か、稲本か?
松井をどのように使うのか?
FWで俊輔とのコンビを磨いた佐藤寿人の先発出場はあるのか?

選手のコメントを読む限り、
アジアカップで4位となって以降、俊輔にもリーダーシップが
出てきたし、チームの問題意識も、共通理解となっていると感じる。

チームとしては、進歩し、成熟する方向へ進んでいるのは、
間違いない。

その途中経過として、スイス戦で「内容のあるゲーム」を見せて欲しい。
posted by ばかぼん父 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。