2007年08月10日

互いの「方程式」が踏ん張りドロー(読売G 2-2 阪神T)

ダルビッシュが、さわやかに交際、妊娠報告。
あのように堂々と言われれば、「できちゃった婚」もカッコイイ(?)。

つーか、ヒーローインタビューを狙ってその通りに有限実行するところが
カッコイイ。

楽天も反撃したのだが、高波のアホ〜(>_<)。

昨日は放送終了後もラジオで聞くような試合だった、読売ー阪神。
阪神は、センターに桜井、ライトに濱中と攻撃的打線。
こんなことが出来るのも、狭い球場のお陰。

阪神のチーム構成は甲子園より、東京ドームや、神宮、横浜スタ、
広島球場でこそ、力を発揮する。
いかがなものか(^^;)

つーか、セの野球全体が「守備で魅せる」より、
「打ったら勝ち」になりがちなのは、狭い球場が多すぎるからだね。

読売はセンターに鈴木尚を入れた。

さすがに、清水のセンターは、相手にヒットを量産させるし、
ジャンをボークで潰そうという意図もある。

濱ちゃんと、阿部のソロHRで1−1でむかえた5回裏。
鈴木がヒット、いきなりボーク。
由伸が、前進守備のセカンド関本のグラブを弾いてタイムリー。

でも、ジャンが、イライラしなかったところが成長。
矢野が相手の出方を見切って盗塁を刺して、1点差のまましのぐ。

ジャンに代打を送った7回に、関本の犠飛で追いついて、
後は、西村(彼は成長したね)−上原ー豊田で5イニング、
ジェフー久保田ー球児で6イニング、譲らずドロー。

7回裏のノーアウト1塁から、バントでもバットに当てられない脇谷
なぜキムタクを代打に送らないのだろう?
10回裏のノーアウト1塁で由伸にバントをさせないのもなぜだろう?

まあ、それでも「お互い」いい勝負が出来ているともいえるのだが。
posted by ばかぼん父 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。