2007年07月31日

私から見た「オシムの考え」(アジアカップ編 後編)

日本代表の個人でのストロングポイントは、高原と俊輔。

高原を活かそうとするときには、ポスト役に巻を起用し、
俊輔に期待する時には、高原のワントップでパスの出しどころを増やし、
俊輔自身もゴール前へ侵入できるように攻撃的MFを増やした。

前半7分の、ディフェンスラインの後ろへダイレクトでフワッと出した
遠藤へのパスを遠藤が決めていれば・・・
延長前半の左サイドをえぐってノールックで上げたクロスを、
矢野か羽生が決めていれば・・・

監督の判断も当たり、「勝つための采配」ということになっていた。

オシム監督も高原を早く矢野へ代えた方が良かったと語ったが、
それも国際レベルの高原への期待が大きかったことの裏返し。

パスをつないでポゼッションを高め、豊富な運動量で素早く数的優位を
作って攻撃するサッカーをやりたいのだが、
8人で守られ、スペースが消された時に、打つ手が無くなった。

ボールを持ったら皆が連動してスペースを空けたり、
スペースへ走ったりするので、
個人でつっかけてボールを失うと大ピンチとなる。
だから「パスをすること」を強調したら、
ディフェンスに引かれてスペースを消されても、
「パス」ばかりになってしまったのが、
今回のアジアカップだった。

多分、エース・高原、ファンタジスタ・俊輔の力が、
個人で状況を打開できるものであるかどうかを期待し、
その「見極め」に使ったのだと思う。

昨日の記事で、「負けるための試合」と書いたが、
彼らが監督の期待通りの働きであれば、
もちろん全力で勝ちにいったことになったわけだ。

残念ながら、彼らは「ピクシー(ストイコビッチ)級」の
リーダーシップも、ココというところでスーパープレーが
飛び出すほどではなく、結果として得点を挙げられなかった。

オシム監督だって「負ける事」もあるし、采配ミスだってする。
他の監督に比べてその頻度がとりわけ少ないわけでもないだろう。

ただ「負ける」にしても、タダでは負けない姿勢があるところが、
優れた監督である所以だ。

オーストラリア戦は、何が何でも勝たなければならなかった。
だから、乙女のように祈った。

しかし、韓国戦は「負けるかも知れない」試合として、
今回試合に出た選手達の危機感や、
今回選ばれなかった選手達のモチベーション等、
次に繋がるような「負け方」も考慮にいれていたように思う。

もっとシュートを打つことだったり、1対1で負けないことだったり、
自分の判断で相手と勝負をしに行くことだったり、
反省点は個々の選手にハッキリと刻まれた事だろう。

五輪チームの中国での親善試合で、梅崎の左のウイングバックが
試されるかも知れない。

ドリブルで局面を打開できる若手が出てくるかも知れない。

シードされた日本にとっては2008年って、もう次の2月から、
いよいよW杯の3次予選が始まる。

松井大輔や、中田浩二、稲本ら欧州組は、今シーズンでレギュラーを
獲得し、予選に招集されるよう頑張って欲しい。

U−22日本代表が、2008北京五輪に出場できれば、その後融合して
(出場を逃せばその時点で>_<)
南アフリカW杯へ本気モードのメンバーとなる。

2010年といっても、実際はもうすぐなんだよね。
posted by ばかぼん父 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。