2007年07月29日

あえて、ほぼ同じメンバーで挑んで4位(アジアカップ 3決 日本代表 vs 韓国代表)

オシム監督が就任して、初めてといってよい真剣勝負の大会は、
3位決定戦で、韓国にPK戦の末敗れて、4位にとどまった。

韓国代表は、ディフェンスラインにも若い選手を多く使って、
気持ちの入ったディフェンスで今大会3失点しかしていない。
しかし、シュートの精度を欠いて、今大会3点しかとっていない。

日本は、技術不足、気迫不足の上に、疲労が重なり良いデキではなかった。
しかし、相手が11人の時も、10人になり8人で守る相手からも
決定的なチャンスを何度も作ったが、決められなかった。



私は、オシム監督の目指すサッカーは、
相手のやり方や、試合の状況を選手達がその場で自分達で判断し、
その場で臨機応変に対応するサッカーだと思っている。

そして勝利にこだわるあまり、つまらないサッカーをするくらいなら
リスクを背負って攻撃する側へ比重をかけるのがオシム流。

今大会を通じて、メンバーをほとんど変えることなく臨んだため、
疲労が蓄積し、パフォーマンスが低下するという弊害が出たわけだが、
選手達の判断がチームとして共有できるようにするため、
あえて同じメンバーにこだわったように思う。

しかし、過酷な環境で行われた、今大会の結果としては
「裏目」に出たのだが、その原因は決定力にある。

疲労がたまっていた同じメンバーで、あえて挑んだ「リスク」に対し
充分な効果、つまり得点、が上げられなかった事実は
選手、個々に反省しなければならない。

言っておくが、批判の対象となっている
パス廻しのポゼッションにこだわって「シュートを撃たない」ことは、
チームの方針でもオシムの意志でもない。

だって「リスク」を背負って攻めることの方がオシムの信条だから。


坪井がいたのに阿部をセンターバックに起用し続けた。

これは、将来、阿部をボランチで起用しても、試合状況に応じて
リベロにはいったり、攻撃的な意味でも負傷によっても
選手交代でセンターバックを変えることができるようにするための
布石。

左サイドバックは駒野では力不足だったが、ザルツブルグの
アレックスやバーゼルの中田浩二を呼ばなかったのは、
ザルツブルグで試合出場のチャンスが減ることの方が、
将来的には損失となるから。


精彩を欠いた駒野と加地、彼らはヤバイ。
度重なるチャンスでシュートを決められなかった羽生もヤバイ。

俊輔にはストイコビッチやヒデのようなリーダーシップが欲しい。
鈴木啓太の相手の球を奪う出足と読みは素晴らしいが、
その後の展開力につながる視野が、だんだん狭くなるのを
何とかして欲しい。

今大会の疲労の極限状態でのプレーを見ることで、
選手たちの能力の見極めにもなっただろう。

もちろん選手の能力はこれから向上する可能性は充分あるわけだが
南アフリカW杯へ向けての日本代表の「ピース」は、
まだまだ足らないポジションだらけ。

代表メンバーはこれから入れ替えもあるだろう。
カナダ発、北京(発 or 経由)、南アフリカ行きとなる、
選手もでてくるかも。

オシムが作る、「日本人らしいサッカー」はまだまだこれからだ。

「決定力不足こそ、日本人らしいこと」では、困るわけだし(^^;)。

成績はパッとしなかったけれど、課題が明らかになったし
これからの進歩に大いに期待が膨らむ大会だった。
posted by ばかぼん父 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。