2007年07月28日

ノリノリ岡田阪神、6連勝(阪神T 5-2 横浜BS)

横浜・三浦、阪神・上園の投げあいで0−0で迎えた5回裏、
ノーアウトから桜井がカーブを上手くとらえて3塁線を破る2ベース。

野口がバントで送って1死3塁で8番関本。
三浦は次の上園でアウトを取ればよいと判断したように、
ボールを際どいところへ投げ続けて四球。

ここで岡田監督が好投の上園に代打、桧山。

三浦はここでまず、意表を突かれた。

桧山は見事な投球で三振にとって、2死1,3塁。

ここで三浦は、鳥谷とはまともに勝負せず、2番坂との勝負を選んだ。

ここで勝機を逃さず、2番坂に代打矢野を告げた。

これは、三浦にとっては全くの想定外の2つ目。
上手く流し打たれた1塁線の打球がベースに当たってライトへ抜けた!
2点タイムリーヒット。

続く6回には半月版を損傷しているはず(ホンマかいな?^^;)の
金本がHR。
その後連打で三浦をKOした。

三浦にしてみれば、計算どおりにことが運んでいたのに、
想定外のことをされて、動揺をつかれた2失点。
取られてはいけない3点目を、あっさりHRを打たれて、
気持ちが切れた感じ。

三浦は岡田采配へのリスペクトが足らない。
このリスペクトは客観的な理解という意味だ。

まさか無失点の投手を代えないだろう、
まさか、5回で2番スタメンに起用した坂に代打はないだろう、
といった、思い込みがいけないのだ。

ただ目の前の打者をアウトにとることに集中し、
岡田さんが何をやっても動揺しないことが肝心。

策があるわけでなし、それだけで対策は大丈夫なんだけどね。

アニキ金本の半月板損傷のカミングアウトから、チームがまとまり
去年の「球児の涙」の後と同じ状態だ。
横浜の外野守備が緩慢なこともあり、走塁は積極的になっていた。
横浜はちょっと、球際の執念みたいなものが足らなかったな。

しかし、「岡田阪神」を見直したか?といわれれば、そうでもない。

采配が当たったといっても「打つだけ」、
そこで選手が集中し、打ったから昨日は勝った。

ワイルドピッチで、1塁から3塁までいかれたり、
ホームに突っ込んできた三走、仁志を刺したり、
「ツキ麻雀」のような野球。

そして4連投の久保田、球児で締める「石橋をたたく」安全策だが、
石橋も使いすぎで割れてしまうかも知れない怖さを先に感じる。

5点差でも渡辺に経験をつませることをしようとしないような
「ビビリ」の「事なかれ主義」も趣味に合わない。

金本もそう、赤星もそう、JFKもそう、
みんなで無理して、目一杯頑張って、この位置(貯金1)まできた。

報われるのか?
どこまでもつか?
そして無事に今シーズンを終われるか?

なんか、見てられないんだよね。
posted by ばかぼん父 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。