2007年07月26日

サウジはアラブというよりアフリカン(アジアカップ 準決勝 日本代表 2-3 サウジアラビア代表)

日本代表がサウジアラビア代表に3点奪われて完敗した。

個の速さ、強さ、バネ、そして日本を研究し、意思統一のハッキリした
気迫溢れるプレーで、勝つべくして勝たれた印象だ。

日本は、立ち上がりこそは、圧倒的にボールを支配して攻めてはいたが、
みるからに身体が重そうで、シュートまではなかなか行けない。

サウジは引いて守りながら速くて上手い2トップでカウンターを
仕掛けてくる。

前半35分、最初の失点をする。


FKからゴール前へ入れたボールを、タイセールがヘッドで落とし、
いち早く反応したヤセル・カフタニがシュートを決める。

しかし、その2分後、コーナーキックで中沢がキーパーの前へ
飛び込んで、同点ゴール!!

コーナーキックを蹴った遠藤のところへ駆け寄るがニコリともしない中沢。

キツいと感じているのか?

後半開始早々2分、サウジに日本の左サイドを完璧に崩されてしまう。

速い展開からサイドをえぐられ、ディフェンスが間に合わない間に
速いクロスをゴール前へ上げられる。

それにマレクがヘッドで合わせてゴール。
やられたけれど、とても「美しい」ゴールだった。

日本のディフェンダーは人数はいても局面で全て相手が上回った。

しかし、日本も必死で勝ちにいく。
後半8分、コーナーキックから高原がヘッドで折り返した浮き球を
阿部がバイシクルシュートでゴール!!!

再び同点に追いついた。

しかし、強くしなやかな身体と、強靭なバネ、アフリカ系の
顔立ちの選手が大部分を占めるサウジは
1対1の局面では日本の選手にことごとく勝つ。

ついにはマレクのドリブルに中沢と阿部の2人が同時にかわされ
ゴール!
三度勝ち越されてしまい、途中出場の羽生の「シュートを打て」
というメッセージのこもったシュートもクロスバーをたたき
結局敗れてしまった。

負けず嫌いのオシム監督は、「疲労」とか「運」とか強がったコメントをしているが、川淵キャプテンには、
「残念だが、これも勝負。弱点があるからこれだけ点を入れられる」
と、率直に話している。

そう、まだまだ、日本代表はこれからのチーム。
弱点がはっきりしている方が、強化の方針をとりやすい。

はっきり、サウジは(今の)日本より強かった。

個人技や身体能力の差で1対1で負けるのなら、
相手よりも運動量で勝って、局面において数的優位を
作り続けなければならない。

これはアジアよりレベルが高い「世界」で戦う上において
克服しなければならないテーマだ。

今回、固定したメンバーで戦い続けてみて、
3試合とも手を抜けなかったグループリーグから
蓄積されてきた「疲労」のために、
「日本のめざすサッカー」ができなくなった、というのだって、
大きな経験となる。

それをまだ1年目の段階で、しかもアジアの中で突きつけられたのは
日本代表にとって有り難い事といえる。

私は相手の強力2トップに対して、安全に3バックで臨むより
あえて、4バック(2バック?)のリスキーなサッカーで
得点を取りにいくスタイルの方が好きだ。

それで点がとれれば問題無いわけだが、なかなかそうはいかない。

もちろん負けられない試合(W杯の予選)では、試合中に3バックへ
状況に応じて変化するなど、自分たちの判断で守り方を変えて、
「美しさ」や「楽しさ」より「勝利」や「勝ち点」を選ぶ時も来る。

ベタっと固く守られた相手を緩めるためにシュートを打つとか、
ドリブルでつっかけてファールをもらうとか、
まだまだ足らないことは山ほどある。

田中達也や家長、そして南アフリカW杯には入ってくると
おもわれる梅崎司などのドリブラーは、
今回メンバーに呼ばれていない。

日本代表はまだ、素早い判断と3人目の動き、ワンタッチパス
などといった、段階を踏んでいる時期。

プレーの判断スピードがイマイチだった駒野、
センターバックとしてはまだまだの阿部、

それもこれもみんな、今後の伸びシロと言える。

負けて残念である事には違いないが、
「ああ、あそこで負けたことが良かった」と後から思えるような
チームの成長を期待したい。
posted by ばかぼん父 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。