2007年07月22日

「美しいサッカー」の方が勝ち残れた(アジアカップ 日本代表 vs オーストラリア代表)

ハノイの蒸し暑さにやられ、日本の「ビドゥカ封じ」も功を奏し、
オーストラリアは、体力温存のため自陣に引いて、
個人技で突破を図って、反則やコーナーキックをもらっての
セットプレーを狙う、実に「美しくないサッカー」を展開。

退場者がでて一人少なくなって、ますます専守防衛、PK戦狙いになった。

対する日本は、前半からバリエーションに富んだ攻撃を展開、
「仕上げ」の部分はまだまだ発展途上だが、とてもよいものを
見せてもらえた。(^_^)

しかし先制したのは、そのコーナーキックからオーストラリアだった。


後半24分、オーストラリアの高さに意識がありすぎたのか、
ビドゥカに代わって入ったキューウェルの、ゴール前を横切るような
低く速いコーナーが鈴木の足元を抜け、川口の前を通り過ぎ、
ファーポストまで抜ける。
高さ対策のディフェンダーとしても働く巻が、ついてはいたのだが、
個人技で優るアロウィーシが素早く合わせてシュート、
ゴールを決められる。

「うーん、やっぱりオーストラリアは強い」と思わされた。
状態が悪くても、できることをやってくるし、
少ないチャンスで仕事もする。

面白くないけどね(^^;)。

暑い中、とても楽しいサッカーを展開してきたのに、
我が日本は、やっぱり「決定力不足」で勝てないのか?
と、チラっと考えた後半27分。

左サイドで俊輔から遠藤、スペースへ動いた憲剛がクロスを上げる。
巻がヘッドで折り返したボールをディフェンダーがクリアミス。
それにいち早く反応した高原が、右足で反転シュート!
と、思わせて(^^;)、左へ持ち替えたキックフェイント。

これにクリアミスをしたディフェンダーが、モロに引っかかって
飛び込んでしまって、タカはフリーになる。
ポストに当てながら強烈に叩き込んだ!!

すぐに追いついた、同点だ〜!

やっぱりブンデスリーガのレギュラーは「落ち着き」が違うね。

しかし、この後は日本にも疲れが出て(当然だが^^;)ペースダウン、
少ないながらも決定機はあったが決めきれずに、PK戦にもつれ込む。

オシム監督は、キッカーのオーダーを決めたら、いつものように
ロッカールームへ下がる。

NHK映像のワンカット、両手で頬を挟んだ姿で祈るような目で
何かを見つめているオシム監督の姿を映した。

「オシムのおじい(我が家では親しみを込めてこう呼んでいる)、
可愛い〜い」とは妻の言葉。

川口が最初の2人を止めて、日本はタカが外したものの4−3で
準決勝進出を決めた。
川口、Good Job!!

タカはもっと大きなゴールを決めてくれたからOK(^^;)。

オーストラリアとの試合は「引き分け」であって、
勝ったわけではないが、発展途上の若いチームには、
更なる経験を積んでいく機会を得られた事は大きい。

それにマスコミの「オシム監督のやり方への批判」が、
これで収まる方向へ進むであろうことが、
私としては何よりもホッとした事だ。

オシム監督もホッとしたようだしね。(監督会見)

人もボールも動く、体格で負けても互角以上に戦えるサッカー、
とてもワクワクする、観ていて楽しいサッカーを
さらに磨きをかけて南アフリカW杯で世界に披露して欲しい。

まだ、いまいち勝負強くはないけれど、
そして後半バテてくるとパスミスも増えてくるけれど、
それはこれからの伸びシロの部分ということで
大いに期待しているそ、日本代表!


posted by ばかぼん父 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。