2007年04月12日

松坂、イチローとの対決に勝って試合には負けた

イチローとの7年ぶりの対決と大いに盛り上がった試合。
松坂はイチローは完璧に抑えたものの、7回3失点。
決して悪くないのだが、相手がもっともっと良かった。

マリナーズの若きエース、ヘルナンデスがワンヒットピッチで完封。
こっちはこっちで城島の2塁打2本と好リード。
と、日本人メジャーリーガーを個々に見ていると
どんな結果になっても良いも悪いも無い時代になったということ。

そんな中、イチローの
「そういう状況は自分ではセッティングできないという意味で、僕自身はその場にいた自分のことが好き。でもそこで結果が出せない自分のことが大嫌い」
 多くのファンの目を集めることはプロとして無上の喜び。だが「僕がこのざまじゃあいつ(松坂)を奮い立たすことはできない」と4打数無安打と第1ラウンドに敗れた悔しさを潔く認めた。
という態度とコメント、メッチャカッコいい。

米国国歌を歌う女性歌手まで背番号18のTシャツを着ていたように
地元の大歓迎と大きな期待を感じた松坂。
今日の試合は、対イチローに気持ちが入り過ぎたのかもしれない。
しかし「次は必ず期待に応えたい」と言った松坂もカッコいい。

セレモニーは終わりだ。
イチローも燃えるだろうし、これから本当の勝負が始まる。

追伸:井川、がんばれよ!!


ラベル:松坂 イチロー
posted by ばかぼん父 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。