2007年02月26日

日本最高峰のラグビーチーム、打倒東芝を目指せ(ラグビー日本選手権決勝)

ラグビーの日本選手権決勝は、予想通り面白い戦いになった。
試合開始早々から、サントリー戦の勢いそのままに
トヨタ自動車が連続攻撃でペースをつかみ、3点を先制。

しかし、東芝はその直後、あっさりとトライを取り返す。

トヨタ自動車も大健闘だったが、身体が強いトライゲッター、
遠藤のところに、つねに2人3人とタックルに行き、
外へ押し出す防御が徹底されていた。

後半トヨタも必死でトライを奪い、
たった2点差のどちらが勝つかわからない息詰まる戦い。

FWのモール攻撃で攻めきろうとする東芝に対し、
こらえるトヨタという時間が続いた所で、
一転オトの突進からフルバック立川へ「オフロードパス」。
トドメのトライを奪って東芝が勝利した。

とにかく東芝の選手は、タックルを受けてもなかなか倒れないし、
その状態からパスをつないでいく。
タックルをされながらつなぐパスを「オフロードパス」と
いうそうだが、個々の選手が「強い」んだよね。

薫田監督がNHKの「サンデースポーツ」に出演し語った。

「ラグビーは15人のチームスポーツだが、局面は1対1の戦いである」
まさに、それを鍛え上げているので、チームプレーが活きてくる。

また東芝のメンバーは、大学時代は無名であった選手が多い。
薫田監督自らがスカウティングも行っていたそうだ。

選手選びの基準は「素直である」ことだそうだ。
さらに、言われた事を理解した上で
自分で考えることのできる選手が伸びるそうだ。
「『考えなし』では一流になれない」ということは、
あらゆるスポーツに共通している。

日本代表が強い国と試合をする時、1対1で勝つ事は至難ではある。
しかし至難ではあるが、コンタクトプレーから逃げることには
限界がある。
身体を鍛え、当たられたときのバランスを保ち、
判断よく味方にボールをつなぐことができたら・・・。

とにかく、私が知っている限り、今の東芝は最強だと感じる。
このチームに挑戦し、倒すために知恵をしぼり、鍛え上げて、
戦いを挑んで行けば、日本ラグビー全体がレベルアップする事は
間違いないだろう。

薫田監督、そして敗れたとはいえ、
トヨタを素晴らしいチームに仕上げてきた朽木監督、
勇退が決まっている両監督の、集大成となる見事なゲームだった。

追記
薫田氏は若手エリート選手の育成プロジェクトの
強化責任者になる
そうだ。

大いに期待したい。
posted by ばかぼん父 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨季の東芝は素晴らしいチームだと思います。ただ、優勝を決めた「あのトライ」はどう思いますか。あれが無ければ・・・。
Posted by 通りすがりのラグビーファン at 2007年04月27日 20:57
to 通りすがりのラグビーファンさま

コメントありがとうございます。
立川選手のトライのことですね。

私は正直言って、さほど違和感を感じませんでした。

オトからパスが渡った時点でまさに「勝負アリ」。
サッカーは打つという動作があり身体からボールがはなれるので最後まで不確定。
だから集中し慎重に行きますが、
ラグビーは手で持って行くので、その後失敗することは稀。
ボールを片手で安定してつかめない選手は両手でという
慎重さは当然ですが。
周りを見てディフェンスが来ていないことを確認できれば、
その時点でトライを確信してもヘンじゃない。

もちろん奨励はしませんし、カッコイイとも思いませんが、
ああいうこともフツーにあるやろって感じでしょうか。
Posted by ばかぼん父 at 2007年04月28日 06:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。