2013年03月03日

内川と井端のお陰で白星発進(ブラジル 3-5 日本; 1stラウンド)

私は、今回のチーム作りは、これまでの反省が感じられず、
「大読売様」への気配りが過ぎているのではないか?

捕手、4番、キャプテンと、「これでもか」と
重責を背負わされている阿部を始め、センターラインに
坂本、長野と読売勢を不動のレギュラーで使う。
でも、中心にすえた選手達の結果がともなわないと、
チーム全体が重苦しくなってしまうのだ。

でも、好き嫌いとは別に、日本代表なのだから、
良い結果に繋がって欲しいとは思う。
そのために、ブラジルあたりに負けた方が、
ひとつのチームとして一丸になれるのでは?と考えていた。

事実、そのような展開になりかかったのだが、
このチームの実質的な打の柱、内川と、
ベテラン井端の勝負強さのお陰で、良薬となるであろう「苦戦」
をしながら、なおかつ勝利も得るという、ラッキーな結果となった。

初回いきなり、なぜかセカンドで起用されている、
鳥谷の判断力のない拙い守備で無死2塁のピンチ。

ブラジルの2番ブランは初球にバントの構えを見せたものの、
強攻策でライト後方へのライナー。
糸井だったからこそ捕れたものの、バント、もしくは進塁打狙い
と読んでいたので、あわや大ピンチになるところだった。

野球を知っているねえ、ブラジル。
もう一人、良い投手がいたら、勝てたねえ。惜しかった。

2−3と1点ビハインドで迎えた8回表、先頭の内川が、
「勝てるチャンス」と見て、投入された先発要員の
仲尾次から、レフト前ヒット。

この試合タイムリーを打っている4番糸井に
バントをさせて、代打井端。

ある意味、いっそ清々しいくらいの勝負手で、
これで井端は打てなきゃ、東京までも行けないのか?
と思ったが、ここでしっかりと同点タイムリーヒット!!

ここでブラジルは近藤に投手交代するが、彼には荷が重く、
日本代表が一気に逆転に成功した。

中国なんぞに、負けるとは思えないので、
これで東京ドームまでは、ほぼ大丈夫になっただろう。

2ndラウンドは、韓国に勝ったオランダが来そうだし、
激戦が予想される。
しかし、守備力には目をつぶっても、
ドームでの打ち方に精通している読売勢が中心である、強みもある。

「アメリカへ行きたいか?」と、昔のウルトラクイズ
みたいだが、調子を上げていってもらいたい。
posted by ばかぼん父 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3/2 J1&WBC開幕〜マリノスも侍ジャパンも難産の末に白星つかむ
Excerpt: 【最初にお断り】 管理人自身は、マリノスと対戦したチームの方のサポーターですが、コンテンツの都合上タイトルではマリノスを主語にしてます。 昨日から2013年のJリーグ(J1)開幕。まずは、8試合の結..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2013-03-03 10:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。