2012年06月29日

大勝ゲームで、おまたせオギチュウ復帰祝い(千葉ロッテM 12-4 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 12-4 埼玉西武ライオンズ

お帰り、オギチュウ(荻野忠寛)!
TVでは、スタンドで涙を流しながら、オギチュウの
復帰登板の姿を見ているファンの姿が抜かれていた。

そして9回表を、いきなり強いファーストゴロを打たれながらも
三者凡退で切り抜け、ヒーローインタビューの指名と、
本拠地まで3年ぶりの復帰初登板を待った
甲斐があったというものだ。

本音は、疲弊しているリリーフ陣を助けるためにも、
もっと早く使うべきだったと思うけれど(^^;)。

試合は、痛烈な当たりを打たれるものの、
野手の守備範囲へ飛んだ俊介が、7回途中まで好投してくれた。

高めのボール球をひっぱたかれた3回のナカジの打球以外は、
低めを打たせて、強くてもゴロを打たせ続けたこその
好投だった。

1−1で迎えた2回裏、無死1、2塁で清田がバント失敗のすえ、
ファーストファールフライ。
オギタカがセンターフライに倒れて二死。
根元のファーストゴロを上本がお手玉して満塁で井口を迎えた。

大不振継続中だった井口が、ここで実に井口らしい
右中間を破る、走者一掃の3点2ベース!!

新聞によれば、この2日、若手と一緒に早出特打をしていたそうだ。

悪いと解っていたなら、もっと早くからやれよ。
試合に出ている限り、若手もベテランも無いだろう(^^;)。

続くサブローもキッチリ「追い打ち」のタイムリーで、
5−1と、主導権を握った。

普通に捕っていればチェンジになっていた上本のエラーを
「痛恨のエラー」にできた、見事な主軸の働きだった。

6回裏には、二死無走者から、四球、死球のチャンスで、
3連続シブイ当たりのタイムリーでさらに突き放し、
7回には代打Y岡田のヒット、盗塁の後、オギタカタイムリーと
久しぶりの「幕張エクスプレス」も見られた、お祭りゲームだった。

これで良い気分で大阪遠征できそうだ。
カード初戦は井川慶が相手。

個人的には、とても楽しみだが、私が帰り着くまで
マウンドに、いてくれるだろうか?

でも情けは無用。
(パリーグTVではイニングリプレイが見られるし^^;)
キッチリ勝って、良い流れを作りたい。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277923556
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。