2012年06月27日

中8日の成瀬の立ち上がりを獅子に襲われる(千葉ロッテM 3-6 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 3-6 埼玉西武ライオンズ

千葉ロッテの先発はエースの成瀬。
わざわざ登板日をずらし中8日になったために、
肩が軽すぎたのか、高めにいくところを
埼玉西武のチーム一丸となって狙われてしまった。

もっとも、正しい吉見(中日の吉見のこと^^;)は、
成瀬と同じく、カードの頭へ持ってくるために
中8日で投げさせられたが、ナイスピッチングだったので、
首脳陣の期待に応えてこそ、エース足るものとも言えよう。

日曜日に3安打した鈴木のスタメンを剥奪してまで
使った井口も首脳陣の期待に応えてこその3番だぞ。
(嫌み^^;)

埼玉西武の初回、先頭の片岡がフルカウントから
散々ファールで粘ってライト後方への大きな当たり。

これは清田が好捕してくれたが、続く栗山も三振だったが
フルカウントまで粘った。

この2人に17球も投げさせられた成瀬は、
ヘルマンにポテンヒット、ナカジにはクリーンヒット、
オーティズを歩かせて満塁にしてしまう。

試合の流れに乗り切れないうちに、浅村に走者一掃の
タイムリー2ベースを浴び、岸からわずか1安打の打線では
既に致命傷となってしまった。

まあ「勝ちたい気持ち」や「そのためにはどうすべきか」と
いうところでのモチベーションで、遅れをとった感じだね。

埼玉西武が3−0でリードしている中盤に
さらに円陣を組んで、成瀬から追加点を狙おうという姿勢を
見せられていることからも、負けるべくして負けたと思う。

しかし、0−6になってからの9回裏に、
3点取れたのは、今日以降に繋がると思うぞ。
(期待込み)

唐川、休んでいた分、キッチリ結果を出してくれ。
マリーンズ。、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277535437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。