2012年06月25日

吉見にどこまで期待したのか(東北楽天E 4-4 千葉ロッテM)

東北楽天ゴールデンイーグルス 4-4 千葉ロッテマリーンズ

4−3で迎えた9回裏、リードを守れなかったのは
先頭打者を出した内のせい?
タイムリー悪送球をした根元のせい?

まあ特定の「選手のせい」にするならばそうだろうね。

私に言わせれば、根元が苦手な緩いショートゴロが、
内野安打やエラーになるのは「税金」だと思っているので
想定内な出来事であり、釜田から3点取ったことといい、
吉見が予想外に良く投げてくれたことといい、
サブローが9回にタイムリーを打ってくれたことといい
選手達は大変良くやってくれたゲームだったと思う。

ただ、さすが天敵・草野は、凡打でも嫌な打球を打ってくれるわ。
(^^;)

ハッキリ言って勝ちゲームを引き分けたのは、
「吉見の交代遅れ」が原因だろ。

5回1失点という、吉見にしては最高に近い投球で迎えた
6回表、二死1塁から松井稼頭央にストレートの四球。
ここが交代機だったでしょ。

結果論でしょうか?
私は吉見は初回炎上でも驚かないし、5回まで投げてくれた
だけでも、宝くじに当たったくらいの(オーバー?^^;)
超ラッキーだと思う。

後は代え時を見誤らないことだけと思っていたら、
前の打席でタイムリーを打たれていた松井に対し
「弱気の虫」が顔を出した。

なんて「わかりやすい」と思ったが、続投させて、
ホセにも3ボールナッシング。

「もうだめじゃん」
満塁にして誰を出すのか?
と思う間もなく、ホセに同点タイムリーを打たれた。

吉見に期待しすぎというか、自分に都合が良い妄想が
起きるに違いないと、なぜ思い込めるのかが不思議だ。

と思っていたら、大谷、薮田、内の後、中郷が2イニング。

当然出てくると思われる益田が出ない。
ははあ、さては益田を壊しやがったのか?
それで、吉見を引っ張りたかったのか。

自業自得というか、アホ過ぎる。

勝ちゲームを勝ちきれないのは
「首脳陣の『考え無し』のせい」だ。

もちろん、真剣に練習してエラーは減らして欲しいけれど
それでも、ある確率で起こるエラーのせいにしていては
進歩は無いぞ。

とにかく選手は頑張れ!
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。