2012年05月27日

3番井口がタイムリー、4番サブローホームラン(千葉ロッテM 5-2 読売G)

千葉ロッテマリーンズ 5-2 読売ジャイアンツ

暫定エース、成瀬がビシッと?抑え、中軸で一気に4点とった
昭和の野球っぽい勝ち方ではあるが(^^;)、ナイスゲームでした。

成瀬は5回先頭の村田にヒットを打たれる前に、
大きなファールを打たれたので、被弾属性のみそぎが済み、
完封いけるかと思いきや、9回、長野に2ランHRを浴び、
さらに坂本にもヒットを打たれて完投まで逃した。

成瀬らしいといえば、実に成瀬らしい投球だったが、
初回の立ち上がりから、好調読売打線に対し、
集中力を高めて、ホントにナイスピッチングだった。

7回には、なんと!ショート根元がファインプレーの併殺で
成瀬を助けてくれた。

根元は前日の俊介の一死満塁のピンチも
見事な身のこなしで併殺で切り抜けるプレーがあったし、
なんだか、上手くなっているように見える。

強い打球への素早い反応は素晴らしいが、
緩い打球で、強く投げなきゃいけないと、
考える時間があるような時が苦手なだけとも言える。

とはいってもレギュラーになって全体に自信がついて来たことが、
プレーの質も上げつつあるのは間違いない。
角中は昨年にブレークしていたから、野手では根元が
今季の最大の収穫だね。


しかし、この試合はなんと言ってもサブローの3ランだ。

シーズン途中に読売へトレードに出されて、
そのオフすぐにFAで戻って来るという、
なかなかないような経験が、彼を大人にしたのか、
千葉ロッテの4番として、絶対に外せない選手としての
働きをしてくれている。

本人も読売戦では、絶対に活躍を見せたいと思っていたろうが、
読売の連勝を止める大きな3ランで「一発回答」してみせた。

ベンチ前でのチームメイトと「ダー!」と拳をつきあげる
パフォーマンスもカッコ良かったねえ。
帰って来てくれて、ホントにありがとう、サブロー。


交流戦の優勝を、戦力は強力かもしれないが、全体に
プレーのレベルが低いセリーグのチームにもっていかれるのは
青少年の教育を考えても(^^;)、よろしくない。

そのためにも、対読売の日ハムも応援しつつ、広島と阪神からは、
キッチリと勝ち星を稼がせてもらわないとイカンぞ。

月曜日の先発に誰を使うのかわからんが、まず今日の唐川だ。
前回、調子を掴む前に失点してしまった反省を活かし、
リリーフ陣を信じて、初回から完封するつもりで
投げて欲しい。

マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272019109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。