2012年05月26日

「謙虚な読売」に実力負け(千葉ロッテM 2-4 読売G)

千葉ロッテマリーンズ 2-4 読売ジャイアンツ

エース内海に対し先発5番手の俊介のマッチアップで、
勝とうというのが甘かった。
風も無かったしね(敗因はそこか^^;)

しかし、球の遅い俊介に対して、振り回してくることなく、
コンパクトに打ってくる読売打線の姿勢に強さを感じた。
その謙虚な姿勢がドン詰まりでもポテンヒットが
タイムリーになる結果を生んだと思う。

パリーグは何処が優勝するか全くわからんが、
今季の日本シリーズの相手は読売だろう。

と思えば、交流戦ごときで、風が吹いたり霧が出たりの
「手の内」?を見せてしまうことはないか(^^;)。

内海ー阿部のバッテリーに打線が翻弄されて、
完封負けペースだったが、やっと8回裏に捉えた感じの
角中、清田の連打。

しかし今江がボール球を振っての三振、里崎はファーストゴロ。
二死2、3塁となって代打マッチが2点タイムリー2ベース!

ファーストスタメンは細谷じゃなくてマッチで良いじゃん。
マッチは捕手としてではなく、打てる内野のユーティリティを
目指した方が良いと思うけれどね。

完封されるより、追いつかないまでの攻撃でも、
点が穫れたのは良かった。


さあ、今日はこっちが暫定エースの成瀬の番だ。
澤村も難敵だが、エースのプライドにかけて、
本拠地連敗を阻止して、ひとつ返しておこう。

マリーンズ、ファイティン!!


posted by ばかぼん父 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271755205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。