2012年05月25日

福浦と内のお陰で連勝(千葉ロッテM 6-1 東京ヤクルトS)

千葉ロッテマリーンズ 6-1 東京ヤクルトスワローズ

海際にあるマリンフィールドは、地面と水の暖まり方、
冷め方の違いによる、陸風と海風の関係もあり、
デーゲームとナイターでは風が違う。

初のQVCでのナイターとなった藤岡は、マウンドで
向かい風を受けると、ボールが高めに浮き易くなり
高低のコントロールに苦労していた。

7回まで先頭打者にヒットを打たれたのが4度。
うち2本が2ベースって、たった1失点なのが奇跡的。

っていうか、この「奇跡的」って言葉は前回の藤岡の
登板の時にも使った気がする(^^;)。
これが、彼の本来の投球スタイルなのか(^^;)。

2−0で迎えた5回表、無死1、3塁から飯原にタイムリーを
打たれて2−1となった。

バントで進められて一死2、3塁でクリーンアップの場面。
3番ミレッッジには3ボールまでボールが先行したが、
詰まらせたファールフライを、ベテラン福浦が、
結果的に「捨て身」となったダイビングキャッチ!

広いファールグラウンドと、ルーキーを守り立てる、
ベテランの熱いプレーが喝をいれてくれた。

これで絶対にやられるわけにはいかなくなった藤岡は、
続くバレンティンとは勝負を避け、
この日の裏のMVP、畠山と勝負し捕邪飛に打ち取り、
勝ち投手の権利を守った。

すかさずその裏、井口さ〜んが、
「ちゃんと打てばマリンでもHRは出るんだよ」
ということを見せる、2ランHRで突き放す。

藤岡は、チームメイトから、愛されているねえ。
可愛いもんな(^_^)。

6回を抑えて、西村監督は「内」とか、「中後」とか
言いたくてしょうがないのでは?と思ったが、
7回表も藤岡をマウンドへ。

結果的には悪かったが、この首脳陣の姿勢は評価したい。
6連戦の2戦目から、先発を甘やかす事は無いし、
藤岡の成長のためにも、しんどい思いをした方が良い。

とはいっても、無死満塁となった時は、
どうなる事かと思ったが、それを救ってくれたのが、
リリーフエース候補の内だった。

まず、バレンティンを三振にとって、畠山をゲッツーって
理想的すぎる。
これで、この日のヒーローインタビューは決まったね。

お帰り、内。ルーキー益田が壊れる前に戻って来てくれて
ホントに嬉しい(^_^)。

これで火消しのできるリリーフが2枚になったことで、
疲労を分担できる状況になったのは大きいと思う。


さあ、今日からは交流戦の優勝を狙う上でも大事な読売戦だ。
内海と澤村に俊介と成瀬で臨むわけだが、
QVCマリンフィールドでの2試合は、2つとも勝っておきたい。

風よ吹け、吹け、嵐よ吠えろ、
いや、嵐はイカン(^^;)。

俊介たのむぞ。調子に乗っている読売打線を翻弄してくれ。
マリーンズ、ファイティン!!




posted by ばかぼん父 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。