2012年05月24日

球場の差、外野守備力の差で快勝(千葉ロッテM 5-1 東京ヤクルトS)

千葉ロッテマリーンズ 5-1 東京ヤクルトスワローズ

家に帰ってTVをつけたら、ちょうど5回裏の
今江の先制タイムリーの場面だった。

チャンネルは千葉テレビ。
成瀬と里崎の「発泡〜、発泡〜」の君津住宅のCMには、
いたたまれない気持ちにさせられるが、
BS TwellVの黒木氏の「内容がないよう」なダラダラ話よりは
私的には我慢出来る。(^^;)

今江のヒットで2塁をオーバーランした里崎を刺した
バレンティンのプレーは、東京ヤクルトの知性を感じたね。
それと、サード宮本の守備はホントに洗練されているなあ。

この回、ヤクルト先発の赤川はエラーが発端とはいえ、
里崎と、細谷にまで四球を出してくれ、もう崩れそうだった。
しかし、Y岡田の打球は良い当たりだったが、
センターの守備範囲で、この回は1点止まり。

でも、グライシンガーなら、1点で大丈夫と思っていたら、
直後の6回表、一死から3番ミレッジが高々と打ち上げた
大きなレフトへの飛球。

神宮や東京ドームで投げていたグライシンガーは、
両手を膝についてHRだと思った様だが、
マリンフィールドでは高く上げると風に戻されるので、
レフトフライでアウトとなった。

ガムもかみ放題だし、千葉ロッテへ来て良かったね。(^^)

一方、ライナー性の打球は伸びる。
6回裏先頭の根元の打球に対処が遅れたような
ヤクルト福地が、フェンスにぶつかって落球する2ベース。

井口がヒットで無死1、3塁から、サブローのサードゴロで
一死1、2塁。

そして今、最も頼りになる角中が、
左中間を破るパリーグなら2ベースコースの当たり。

しかし、セのスローモーな外野守備を見越して、
最初から全力疾走をゆるめることなくスタンディングスリー!

ゲッツーを防ぐために飛び出した三走を殺してしまった
サブローの失敗をチャラにする、2点タイムリーを打ってくれた。

さらに清田が代った増淵からピッチャー返しのヒット性の当たり。
足に当たって跳ねた方向が悪くファーストゴロとなったが、
3塁ランナーは悠々とホームインし4−0。
これで勝負アリとなりました。

7回にも根元がレフトオーバーのタイムリー3塁打と、
広い球場に慣れてない東京ヤクルトの外野守備陣が、
3塁打を量産してくれた。
(レフトの福地は埼玉西武にもいたんだけれどね^^;)

5−0となって8回にロサをテストしたものの、
何も良くなってないことが解り、ホールドポイントがつく
ピンチ(連続HRを打たれれば同点もしくは逆転)になって、
益田を投入し、バレンティンをサードゴロに打ち取った。

小野晋吾の抹消は、ロサがもう少しまともであることが
前提だったのでは?
まあ、あとのマツリだが、ロサの代わりは中郷でも
木村でも充分に勤まるので問題ないけれどね。
(注:小野は疲労性腰痛だったそうです)


今日も勝って、明日からの「セ最強の読売」との
直接対決に弾みをつけよう。

頼むぞ、藤岡。
マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271387313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。