2012年05月12日

益田で危ないところを終らせる(千葉ロッテM 6-4 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 6-4 福岡ソフトバンクホークス

苦手のハンカチ登板日を雹と突風(工藤は危なかったけど)の
お陰で避けて迎えたソフトバンク戦。

また、マリンの千葉ロッテに当てて来た千賀の乱調に乗じて
2回で4−0とリードした。

しかし、成瀬は3回表、二死ランナーなしから、3連打で
2点を返されると、リリーフした吉川を打ちあぐねているうちに
6回表に内川にソロHRを浴び、1点差にされてしまった。


エースというからには、序盤で4点差になればスイスイいって
欲しいものだが、それはそれ、成瀬だから(^^;)。

千葉ロッテベンチは1点差の7回から、ルーキー継投を選択し、
まず中後が、右打者ずらり、しかし比較的下位打線の小久保、
多村、江川のところで投入された。

監督の頭の中は、単純に「7回は中後」だけだと思うけれどね。(^^;)

多村にヒットを打たれるものの、江川を注文通りのゲッツーに
とって、無失点に抑えた。

その裏、吉川から甲藤に代ったことをキッカケに
二死1、2塁から頼りになる5番角中、復調気配の6番今江の
連続タイムリーで、貴重な2点を追加し、
6−3となって「8回は益田」。

代打長谷川を三振にとって、1番明石をボテボテの
セカンドゴロに打ち取った。

しかし、ここで井口が送球に気が行ったか、
軽卒なプレーで捕球に失敗しエラーで出塁させてしまう。

でも私は、薮田へ繋ぐ前に内川まで終らせられれば
さらに良し、と思った、深謀遠慮のナイスエラー(^^;)。

代打福田は、苦労したものの三振にとったが、
内川に死球を当ててしまい、一発でれば同点で
ペーニャを迎えた。

ここでペーニャは一発狙いでなく、謙虚にセンター前
タイムリーヒット。

いやらしいけれど、ヒットならOKな場面なので、
松田との勝負で全てが決まる展開に。

これまた粘られ、フルカウントから、
外低めを狙った直球がボールゾーンへ行ってしまったものの、
益田のコントロールが良い印象か、それとも気合いが、
松田に振らせたのか、空振り三振にとってピンチを脱出し、
さらに松田まで終らせてあげるとは、なんて、
薮田に優しいルーキーでしょう。(^^;)

ここまでお膳立てしてもらえば、抑えなければ立場がない薮田だが、
いつものように?いきなり先頭の小久保に2ベースを打たれた。

しかし多村と江川を外野フライにとって、
前日同点2ランを岸田から打っている代打松中との勝負。

追い込んでから、ワンバウンドするフォークで、
ハーフスイングを誘って三振!

絶対に負けられない、成瀬vs千賀の試合を競り勝てて良かった。


さあ、今日は難敵、摂津が相手だ。
グダグダな投球が続いている(でも勝っている)唐川が、
そろそろ良い投球をするころではないかと期待して(^^;)、
カミさんと、マリンフィールドへ行って来よう。

お願いしますよ、唐川さん。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269612452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。