2012年05月09日

根元を狙うんなんて卑怯だぞ(千葉ロッテM 7-9 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 7-9 北海道日本ハムファイターズ

家に着いたら、日ハムの「アウトにならない攻撃」の最中だった。

1イニングに緩いショートゴロを3本というのは、
ずるいというか、大人げないというか(^^;)、実に日ハムらしく、
千葉ロッテの弱点のひとつを「これでもか」と
クローズアップして見せてくれた。

ショート根元の守備は、元々「税金扱い」の覚悟なのだが、
「アウトにならない攻撃」に絡められると、
「お代官様、勘弁してください」の、
あまりにもご無体な重税だった。(>_<)

でも根元は、その後打撃で1本やり返したし、
守備でも、これを苦い教訓にして、今度はアウトにしてくれよ。

栗山監督は、ホント日ハムに合っている。
見事だと思ったのは、代打ホフパワーの起用だ。

弱肩、根元の守備で、アウトにできるはずの打球が、
ヒットにされて、心中穏やかでなかったはずの
グライシンガーの状態を見て、一気に勝負を決めに来た。

その初球、甘く入ったところを3ランホームランで、
この回、一挙に7点を取られてしまった。
(この後、さらに根元のヤラカシでもう1点)

敵ながら、「お見事!」と思った。
そしてサトちゃん、もうちょっと考えようよ(>_<)
いっしょになってパニクッてどうする?

収穫は木村が、田中賢介に一発を食らったが、
まあまあ良く投げてくれたことと、
相手の守備のミスが出たとはいえ、7点まで取れたこと。

それから、大差のゲームになっても、
角中が四球を選んだり、ワイルドピッチで、
2塁から一気にホームインする「集中力」を見せて
くれたことは、大変良かったと思う。


日ハムだって、リリーフ陣に不安を露呈したわけだし、
やり返すチャンスは充分にある。

今日は天気が心配だが、とにかくひとつ取り返そう。
マリーンズ、ファイティン!!



posted by ばかぼん父 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269178233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。