2012年05月04日

エース成瀬が完投!ミス合戦を制す(埼玉西武L 2-3 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 2-3 千葉ロッテマリーンズ

ミス合戦になったら、千葉ロッテは強い(^^;)。
というか、ミスに付き合ってくれる相手に対しては
相殺されて充分に戦えるという事だけなんだけれど(^^;)。


成瀬と石井一久の投げ合いとなった試合は、
2回裏、大松の酷いエラーで動き出した。

二死1塁走者のヘルマンを成瀬の牽制で誘い出して
挟殺プレーに入るが、大松がヘルマンの真後ろから
追いかけて、ヘルマンの身体越しにベースカバーの
根元で向かって投げた(>_<)。

そのボールがヘルマンの身体に当たって、
センターに転がる間に、なんと一気にホームインされて
先制されてしまった。

大松の守備力を狙われた感じだった。
昨年の秋から一塁手を始めた大松だが、
挟殺プレーはまだ解ってないらしい。(>_<)

直後の3回表に、埼玉西武の浅村が、親切にも!清田を挟んで、
見本を見せてくれたように、走路からずれて
走路に対して斜めからセカンドベース上へ投げなきゃね。

大松は少し前にも、挟殺に失敗していたし「要練習」だ。

しかし打つ方では、無理矢理打った進塁打や、ヒットも打ち、
シュンとすることなく勝利に貢献してくれた。

反省すべき点は反省すべきだが、
失敗にめげずに伸び伸びとプレーするところが、
千葉ロッテのチームカラーだと思う。

5回表に一死3塁の三走今江が、Y岡田の空振りで飛び出し、
牽制で刺されたが、8回表に勝ち越しタイムリー3塁打を打った
みたいにね。

試合は6回裏、一死2、3塁から、この試合のラッキーボーイ、
ヘルマンが犠牲フライを打ち上げ埼玉西武が2−1とリード。

しかし直後の7回表に一死1、2塁からのY岡田のショートゴロを
中島が「お返し」の、3塁への悪送球。
これで2−2の同点に追いつけたのが大きかった。

そして8回表にウイリアムスから、今江の3塁打で3−2と勝ち越し
そのまま成瀬が「勝ちたかったら、完投しろ」という
「千葉ロッテの教え」どおりに見事な完投勝ちで、
開幕戦以来の2勝目を上げた。

これまで成瀬は、悪いわけではないのに、なかなか勝てなかったが、
一人で投げきって勝ってくれ、エースの仕事をしてくれた。
カード初戦をとれたのが大きいね。

さあ、唐川も続け。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/268479156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。