2012年05月04日

俊介の好投で連敗を止め、踏みとどまる(オリックスB 1-6 千葉ロッテM)

オリックスバファローズ 1-6 千葉ロッテマリーンズ

初回、調子の悪そうなマクレーンの立ち上がりを攻めた。
1番に起用された清田が初球を内野安打で出塁すると、
バントで2塁へ送られてDHの井口が軽打したヒット!

ところが、清田の判断が悪く、スタートが遅れて
3塁にストップしてしまう(怒)。
この後4番サブローが四球で満塁の後、
開き直った?マクレーンに対し、5番角中が
セカンドゴロゲッツーで無得点に終った。

2回もゲッツー、3回は三者凡退と、
嫌な流れになってきた。

その流れを変えてくれたのが「俊介に初勝利を」と
リードにも攻撃にも集中力を見せた里崎と、
オリックス岡田監督のありがたい継投ミスだった。

里崎が4回に二死3塁からタイムリー2ベースヒットで
先制すると、5回表に、大松ヒット、早坂バントの
一死2塁の場面で、岡田監督はマクレーンを早々と諦め、
香月兄へスイッチしてくれた。

1点を先制したとはいえ、そしてチャンスは作っても
あと1本の場面では崩せずにいたマクレーンを
降ろしてくれたのが、結果的にマリンガン打線に
火をつけるスイッチとなった。

清田のセンター前ヒットで大松は3塁ストップしたのに
坂口がハンブルしてくれ、再スタートでホームイン。

根元四球、井口ヒットの満塁から4番サブローが
2点タイムリーヒットで4−0。

マクレーンには合って無かった角中も、
前進守備の内野の頭を詰まりながら越す、
センター前へのタイムリーで5−0と一気に勝負を決めた。

俊介はソロ2本だけの前回よりもさらに良い出来で、
オリックス打線を翻弄し、8回1失点で、
1500イニング登板ゲームをナイスピッチングで
今季初勝利で飾った。

完封もなくなったし、9回は誰に調整させるのかと
思っていたら、なんとビックリ益田。

おいおい、何の意味が有るんだ??

「9回は薮田」という大義名分の元、
薮田の気分転換に使うのが第1選択。

薮田、益田に続く信頼で切る投手を作るために、
大谷や木村、中郷に任せるのが第2案。

一番好調な益田を5点差(準備していたのは4点差の
時点かもしれないが)で投入する意味は、
「益田を信頼しているのなら」、私にいわせれば
絶対にあり得ない。

西村監督の「だって、益田を見たいんだもん」という
その場の気分による起用なのだろうか。

4点差なら益田、3点差なら薮田というほど、
益田への信頼感が低いということなのか?

それより、内も伊藤もいない層が薄い状況なのに、
大谷に対する評価が低すぎると思う。


さあ気分を変えて、9連戦も3勝3敗であと3試合だ。
中5日の表ローテ最低限勝ち越そう。

マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。