2012年04月30日

調子が悪くても抑える唐川が連敗ストップ(千葉ロッテM 2-1 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 2-1 福岡ソフトバンクホークス

マリンで唐川vs岩嵜なんて、いよいよ千葉県大会。
高校1年の秋季大会でも0−0の投手戦、
(いや唐川の時の成田高校は貧打だったのだが)
プロに入ってもお互い意識し合って、良い投球を
しているなあ。

この試合は、唐川が無死からヒットを明石を、
牽制で刺してソフトバンクの出端をくじいたその裏、
千葉ロッテも無死からY岡田がヒット、
根元にバントではなく(今のコーチ陣は良いなあ)盗塁、
四球、死球で無死満塁から、
4番サブローが犠牲フライで先制した。

一気に潰せるかと思ったが、5番角中のヒット性の当たりを
センター長谷川がファインプレーで、岩嵜を救った。

直球の走りがイマイチだった唐川だが、
変化球主体でかわしているうちに、
高めの直球の伸びで打ち取れるようになっていった。

一方、攻撃陣も立ち直った岩嵜から初回のヒット1本に
抑えられていたが、4回一死後、角中が高めの球を
ライトスタンドへ!!

守備固めにしては早すぎる交代だったし、ヒーインにも
出てこなかったのはヘンだと思ったが、突き指をしたまま
試合に出ていた
らしい。

HRの後のセカンドフライでホントに痛めて病院へ行ったのかな?
今、角中が抜けるとしたら実に痛いぞ(>_<)。
軽傷であることを祈るしかない。

2−0で迎えた9回、土曜日に益田を攻略した時のような
ソフトバンクらしいコンパクトな打撃で無死1、2塁。

ここで小久保をピッチャーゴロゲッツー!!
と、思ったら唐川の送球が逸れ、根元の足が離れて
1塁だけがアウトとなり一死2、3塁。

ベンチで両手を組んで祈る岩嵜、飄々と投げる唐川。
外野が前進守備を敷く中、このカード当たっている
江川の打球はレフトの背後を襲う大飛球。

これを工藤が背走し、最後は向き直ってキャッチしながら
フェンスに背中からぶつかる、ビッグなファインプレー!
今季、守備固めで使われている工藤が、
大きな仕事をしてくれた。

犠牲フライで1点を取られ完封は逃したものの、
ランナーの進塁も許さなかった。

代打松中を敬遠、捕手山崎との勝負を選択し、
ピッチャーゴロに打ち取って連敗を止めた。

これで今季4勝目となった唐川は、
良い日も悪い日も粘り強く試合を作ってくれている。

唐川が好投すれば、同世代の藤岡にも
気合いが入るだろう。

相手は初物の19歳の千賀。
キッチリ勝って連勝しよう。

マリーンズ、ファイティン!!


posted by ばかぼん父 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267760781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。