2012年04月27日

オーダー変更が不発で俊介見殺しと統一球へのクレーム(北海道日本ハムF 2-1 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 2-1 千葉ロッテマリーンズ

こういう競った試合を勝って行けるようになると
優勝争いも可能なんだけれどね。

でもまだシーズンは始まったばかり。
今後の伸びしろに期待しよう。

俊介が2発食らって負けたけれどもピッチング自体は
良かったと思う。

敗因はスミ1に抑えられた打線の問題だ。

糸井の抑止力で1点止まりに終った初回のように、
7番へ上げた意外性の里崎にポイントゲッターを
期待するのは、ちょっと無理筋なので、
結果がでなくても仕方が無いと思う。

なぜ、清田を外したのかわからんが、伊志嶺は重症だ。

代打でも、守備固めでも使えないのなら、ベンチ要員としては
南の方がマシだと思う。(代走なら意味があるけれど)

荻野貴司も2軍で試合に出始めたことだし、
キッチリ、下でしきりなおしをした方が良くないか?


さて、「プロ」野球選手会が、たった1年やってみた結果、
自分たちが(能力が低くて)対応出来ないからと言って、
統一球の見直しを要求したそうだね。
(折角作り上げた打撃を変えたくない気持ちはわかるけど)


しかし、昨日のホフパワーのも、稲葉のも、
福岡でファルケンボーグから打った米野の
逆転グランドスラムも、(これは興奮した^^)
「打った瞬間」のHRは、全てきっちりHRになっているので、
何が気に入らないのすら、全く理解出来ない主張で
私としては論ずるにも値しないという評価だった。

(が、同じ負け方を連続でされて書く事に困った^^;)

東京ドームでは、「打った瞬間」のものに加え、
「技あり」のHRも充分に出ているので、
「東京リアル野球盤」では、さらに飛ばないボール、
もしくはフェンスに上れる足場をつけたいくらいだ。

そこを本拠地としているチームが本塁打が激減しているって?

それはその連中が、これまで風を読んだピッチングショットの
練習ばかりしていたからであって、フツーに飛ばす為の
ドライバーショットを練習すれば良いだけの話と違うの?


長く以前のボールの時代を長く見慣れていた人にとっては
打った打球の角度で「行った〜」と思った打球が、
失速してHRにならないことが良くあると思う。

でもそれらの打球は、「打った瞬間HR」とは、
打球の初速が明らかに違う。

だから、角度だけで「行った〜」と言うのを
グッと我慢して(^^;)、その初速の感覚も合わせて
判断出来る「眼」を養うことが観戦者にとっての
新たな課題だと思う。

新たに取り組める事が有る事は、観るものにとっても
それはそれで楽しい事だと、私は思うけれどね。
(めんどくさい?^^;)


今日は休んで明日から9連戦だ。
QVCの3試合は予報では天気が良く、
後の6試合はドームなので全部出来るだろう。

6勝3敗以上で乗り切りたいね。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267236675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。