2012年04月26日

日ハムの守備力の前に完敗(北海道日本ハムF 5-1 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 5-1 千葉ロッテマリーンズ

家に着いたらもうすでにペンの姿はマウンドに無く・・・。

まあ、しゃあない、次や次!


では、記事も野球もあまりにも・・なのでね。

八木からチャンスを作るものの、初回の井口さ〜んの
HRのみのスミ1に抑えられるわけだが、
チャンスがないわけではなかった。

しかし、チャンスで「よし!良い当たり!」と思っても、
野手の守備範囲に飛んでしまう事が多かった。

しかし、これは「不運だった」ではないのだ。

予め、打球が飛んできそうなところで守っている、
データと理屈で考えて野球をやる日ハムクオリティに
敗れたということだ。

まあ、狭い球場でやっているのだから、レベルの高い、
外野陣に触らせる前に、直接柵越えもしくは
フェンスダイレクトの打球を打てれば良いのだけれど、
それも相手があってのことだから。

理屈だけではなく、糸井の守備力は凄いなあ。
ライトにコンバートしたことで強肩がさらに活きる。

もちろんセンターの陽も守備範囲が広いし、
火曜日の試合で二死2塁からのサブローのヒットで
さほど前進守備をしていなかったのに、
本塁を狙った角中を余裕で刺した、レフトの中田翔の肩も強いし。

このクオリティの高いチームに勝ってこそ、
喜びもひとしおというもの。

1勝1敗で迎えた第3戦は、俊介の前回のリベンジ投球に
期待したい。

マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。