2012年04月22日

ポイントゲッター角中の1番起用が当たる(千葉ロッテM 3-2 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 3-2 埼玉西武ライオンズ

今季2度目(公式戦は初)のQVCマリンフィールド生観戦は
実に千葉ロッテらしいものも含めて、
多くのポイントがつまった試合だった。

不振の伊志嶺を外して、ライトで併用されてた角中と清田を
スタメンで起用した。

試合前の練習から、角中がライトではなくレフトへ入っていたので、
レフトスタメンだとは思っていたが、1番起用とは驚いた。

が、その角中が決勝2点タイムリーを打ったのだから、
(結果的に?)オーダーが当たったね。

先発の唐川がヒーインで反省会をしていたように、
制球に苦労する、悪い唐川の日。

先頭の栗山にフルカウントから3塁線をやぶられるヒット。
2番浅村もフルカウントにしてしまい、
ランエンドヒットで、進塁打となるゴロで一死2塁。

3番中島の打球は右中間の深い場所のフェンスに
直撃しそうな大飛球を、Y岡田がフェンスに激突しながら
キャッチ。

「おお、岡田のスーパープレー!」と思ってランナーを見ると
エライ勢いで一気にホームまで走っているじゃないか?
「え?ダイレクトキャッチだよね??」と、
現地では栗山がヒットと勘違いしたのかと思うような
タイミングだった。

なんと、栗山も、コーチも「Y岡田が捕るものだ」と、
思って最初からハーフウェイではなくタッチアップして
いたらしい。

Y岡田もバックアップにきた清田にトスし、
2つのベースを取られるような中継プレーじゃなかったが、
クロスプレーとなったホームで田中マッチが捕球できず、
先制のホームインを許した。

だが、さすがは埼玉西武、さすがはプロ野球レベルの
お金を払て見る価値のある「2塁からのセンター犠牲フライ」だった。

千葉ロッテの反撃は2回。
久しぶりのライトスタンドからの「サブロ〜〜!!」コール。
やっぱり良いよね。
そのサブローが、打席でもファールで粘った後、弾丸ライナーで
レフトスタンドへ同点HRを突き刺した。

動揺した野上を攻め、一死後、今江がライト前ヒット
清田が良く走った左中間2ベースで2、3塁。
マッチが四球で満塁のチャンス。

二死後、チャンスメーカーとしてよりも、
チャンスでの打撃に魅力のある角中が、
2点タイムリー!!で勝ち越した。

毎回のようにヒットを許し、ピリッとしないながらも
唐川がなんとか凌いで来たが、6回に1失点。

とはいっても、ヘルマンの2ベースは
上手いレフトなら捕れたし、
浅いレフトフライでホームインを許す、
田中マッチのブロックをしない姿勢によるもの。

でも、レフト角中は二死2塁から浅い打球を
スライディングキャッチで、唐川を救った。

7回、一死からヒットを打たれるより四球を嫌う
唐川が、栗山に簡単に四球を出したところで、
ベンチは判断良く、益田に交代。

その益田が素晴らしく、イニングをまたいで
見事な5者凡退。

ホントに頼りになる投手なのだから、
故障しないように大事に使って欲しいものだ。

9回、中7日の登板の薮田がすんなりと、
終るわけが無い(^^;)。

先頭の大崎はセンターフライに打ち取ったが、
代打の上本にヒット、バントで送られ二死2塁。

埼玉西武の男女混成合唱のチャンステーマの中、
打者も散々ファールで粘る。

栗山をピーゴロに打ち取ったと思ったが、
弾いて二死1、3塁。
浅村にも粘られた挙げ句に四球で満塁で中島。

ここで千葉ロッテの外野は「勝ち越しは許さない」と
前進守備をとった。

私は二死なのだし、後ろにヒットゾーンを
増やすことになる前進守備は
長打力のある中島には、無謀な選択かと思ったが、
かえって中島のリキみを誘ったのか、
打ち損じてくれて、ライトフライで逃げ切った。

「ドキドキしたろ?ハラハラしたろ?」も、
千葉ロッテらしいといえば、「らしい勝ち方」だった。

接戦をしぶとくものにできたのは大きいぞ。

さあ、藤岡で連勝しておこう。
マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266058315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。