2012年04月21日

素晴らしい投手戦がボーンヘッドで凡戦の印象に(千葉ロッテM 0-1 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 0-1 埼玉西武ライオンズ

ランナーは出すものの粘りの投球で6回のおかわり君の
タイムリーによる1点で凌いだ成瀬と、
5回までパーフェクト、ランナーすらほとんど出さない
石井一久の投手戦だったのだが・・・。

それまで2安打無四球で、完封を狙ってマウンドへ上がった
石井一久から先頭の根元が2ベースで出塁し、
1番の伊志嶺の打席で、とんでもないプレーが飛び出した。

6回の無死1塁では、マッチにバスターを命じた
千葉ロッテベンチ。

真ん中に来た球を惜しくもファールにしてしまい、
成功しなかったが、とても良いトライだった。

たとえばバントで一死2塁を作り、根元か伊志嶺に
ヒットを期待するよりも、リスクを背負って
もっと積極的な攻撃を選択することは、
リスクとリターンのバランスとして、納得出来る感覚だ。

高橋慶彦ヘッドの案なのか、偏った記憶で申し訳ないが、
阪神で策戦コーチをしていたこともある長島打撃コーチの
案なのかはわからんが、私にとっては、昨年よりも
かなり違和感のない攻撃をしてくれるようになった。

さて、9回の無死2塁の場面。

ここでバントや進塁打で「一死」とひきかえに
3塁へランナーを進めることを指示するなら、
その次に得点に繋がる勝算のあるプランを立ててから
「一死」をくれてやれ、というのが私の考えだ。

次打席には角中を用意していた。
前日の試合で、満塁のチャンスでまー君から
前進守備の三遊間を破った、日ハムのような打撃で
勝負ということだと理解できた。

ならば、内野に前進守備をとらせるために、
バントも良いと思うわけだ。

しかし、このバントというものは、簡単ではないのが
現代の野球。

阪神の藤井がバントしようとして顔面骨折してしまったように、
バントが見え見えであり、なおかつ絶対失敗させたい時、
相手は失敗させるために、守備のシフトや、
インハイの直球を配してくる。

伊志嶺のミッションは、「最終的に3塁へ進めること」なので、
バントのサインが出ていても、難しいボールに手を出す
必要は無いし、「なにがなんでもバント」と思い込まず、
冷静な判断をして欲しかったね。

それより、意味不明だったのが走者の根元。
バントが高いフライとなったのを、止まって見ていたが、
落ちると判断してしまったのか、3塁側へスタート。

だいたい、あの時点からだと3塁へ向かってもアウトじゃね?
塁が詰まっていたわけでもなく、ホントに理解に苦しむ
「骨頭プレー」だった。
すでに反省しているとは思うが、ホント要反省だ。

二死走者なしから角中、井口の連打で、1、3塁と
見せ場を作れた事が、観ているファンにとっての救いか。


さあ今日は、現地で唐川の快投を見たいものだ。
お願いします、唐川さん。
マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。