2012年03月31日

4番・ホワイトセルが打った、まー君から5点とった開幕戦(東北楽天E 3-5 千葉ロッテM)

東北楽天ゴールデンイーグルス 3-5 千葉ロッテマリーンズ

家に帰ってテレビをつけたら2−0で勝っていた。
しかも、私が全く評価していない(現在形^^;)
4番・ホワイトセルが2度の二死2塁から貴重な2打点!

捨てられていたのを拾って来た割には、いきなりの大活躍。
私の見立ての悪さをよろこんで謝罪します。

でもまあ、ズレータだって、開幕でダルからグランドスラム
を打ったし、アチャは4安打の大暴れだったよね。

安心するのはまだ早い。
でも、思い切りバットを振って行く姿勢をみれば、
金泰均よりは期待で切るかもね。

私が映像で見始めたのが、5回の裏くらいからだったが、
嬉しいシーンが6回表に訪れた。

まずひとつめは、先頭の大松が3ボールナッシングから、
打ってヒット!

好投手に対しては、甘い球を一球でも見送るのは、
もったいないことなのだ。

四球を狙ってフルカウントまでいって、
あの縦に落ちるスライダーにバットが止まるとは、
思えないしね。


里崎のバントはヘタクソ過ぎたのだが、
それが幸いして、まー君が2塁へ悪送球。
これは単なる相手の自滅であり、嬉しいシーンではない。

嬉しいシーンはY岡田の初球。
無死1、2塁でY岡田、西村監督の頭の中には、
バントしかない場面、 Y岡田が平然と
バントの構えからバットをひいて、
ヒッティングの構えで見送ったことだ。

昨年は、バントのサインなら、相手がどんなに
猛チャージをかけてきても正直にバントをしていた。

わざわざ難しい状況で、やっていることが送りバントって、
リスク対効果が低い事を強要していたのが、
昨年の西村マリーンズ。

コーチが入れ替わったせいなのか、
シーズンオフに学習したのかはわからんが、
相手の出足を止めれば、それだけバントの成功率も
上がるというもの。

はたして、Y岡田のバントは打球が死んでいたとはいえ、
まー君の正面へ転がったが、まー君は3塁送球を諦め、
しかも1塁へワンバウンドの送球をし、ファーストの
ホセが後逸という、プレゼントプレーとなった。

たった一球を捨てる事で、相手の守備陣に、
ベストプレーをさせなくできるという、
「ちったあ、頭を使っているところを見せてくれ」
と、思い続けストレスをためる修行のような昨年とは、
違った野球をみせてくれそうで、とても嬉しいことだ。

そして今季のキーマン、2番ショート根元が、
2点タイムリー!!!

彼の守備力が格段に上がるわけはないのだから、
打ってくれなきゃ、いつまでたってもショートが、
ウイークポイントのままだということ。

守備でやらかしても、打って点をとってくれれば、
OKだと、思わせてくれないとね。

最初の試合で、いきなり仕事をしてくれたのは、
根元本人にとっても大きな一打だったと思う。


今日はできるのかな?
がんばれ唐川!3戦目の藤岡に、
プロに4年早くはいった実力をみせてやれ!

マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。