2012年03月20日

今季初野球観戦は生マリンフィールドで(千葉ロッテM 4-0 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 4-0 福岡ソフトバンクホークス
(オープン戦)


今日の春分の日、久しぶりに家族3人で、
QVCマリンフィールドへ行ってきました。

今年のマリーンズの見所は、オープン戦首位打者、
根元俊一が打撃力で守備に目をつぶらせることで、
ショートのレギュラーが決まったことと、
大松をファーストに起用することの他は、
ルーキーの大学卒の投手3人くらいしかない。

と今季は期待薄に思っていましたが、思いの外、
良いものを見せてもらえました。(^_^)

まずグライシンガーが思いの外、拾い物だったこと。

ストライク先行で、ソフトバンク打線に良い当たりは、
4回の小久保のレフトフライと5回の長谷川の
ピッチャーライナーくらいだった。

思ったとおりに悪かったことは2つ。
まずサブローの緩慢な守備だ。
初回の内川のヒットは、魅惑の外野陣なら捕れる打球だった。

もちろん、8回の本多のヒット性のライナーを、
素晴らしいダッシュでアウトにしてしまう、
Y岡田の守備力を見慣れているせいで、
要求レベルが高めになっているのもあるのだが。

もうひとつは、ホワイトセルの打撃。
彼は、元々ヤクルトを戦力外になったレベルであり、
井口がやりたがらない、井口以外の日本人を置き難い
「4番打者」にあてはめるピースとして、
拾って来ただけの選手。

打つと期待していないが、3回の一死満塁の場面は
最低限、外野フライを狙って、打ち損じるにしても、
せめてフライを打って欲しかったのだが、
どんづまりになったことが幸いしたショートゴロで、
ゲッツーを免れるのが精一杯。(打点1だが)

後の2打席のようなゴロなら、ゲッツーとなっていた
ところだった。

また金泰均と同じように、「いつまで我慢するのか」
だけがテーマになりそうな4番打者の予感がする。

西村監督もいいかげんに、「4番打者」という、
偶像にこだわる事を捨てて、「得点を穫るため」という
目的のために知恵を絞って欲しいと思う。

不安要素だった、根元と大松の守備は、
ショートゴロが1つだけでよく解らなかったが、
2人ともレギュラーとして、試合に出られる喜びが
伝わるような、ハツラツ、キビキビとした動きだった。

メンバーは代わり映えしないのだが、
新キャプテン今江と共に、内野に元気ハツラツな2人が
いるのは、新鮮さがあって良いと思った。

そして、なんと言っても嬉しかったことは、
3回の攻撃の時だ。

先頭の岡田がバントヒットを決め、盗塁という選択肢も
あるのだが、伊志嶺はバントの構え。

初球を見送った時に、ファースト、サードの猛烈な
ダッシュをかけられる。

2球目にバントをファールして3球目。
一走Y岡田がスタートすると、伊志嶺がバントの構えから
バットを引いて叩き付けるようなスイング!

打球はダッシュして来て止まったサード松田が、
ジャンプする頭上を越えてレフト前ヒット!

昨年ならあくまでバントに固執していた西村監督が、
「バスターエンドラン」をおぼえた(チャララン♪)
のを、私が初めて見た瞬間だった。

相手が読み切ってくる戦術に固執することが、
イヤで仕方がなかった西村采配だが、
意表をつき、臨機応変にサインを変えてくれたのが
なにより嬉しい出来事だった。

相変わらず、代走のタイミングの遅さ、
代打福浦を使いわすれたことなど、
好きな監督とは言えないが、少しずつでも
進歩しているのなら、成長を見守りたいと思った。

posted by ばかぼん父 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258964662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。