2012年01月03日

東洋大が「お守り」柏原の最終年を完璧に飾る(第88回箱根駅伝)

2012年の箱根駅伝は、「山の神」柏原という、
リーサルウエポンを持つ東洋大が、往路のみならず、
福路も新記録を出し、2位駒沢大に9分以上も
差をつける、完璧な勝利を飾った。

他の大学は、5区の山登りに絶対的な力を持つ柏原を
意識し、4区までになんとしてもリードを持って
臨まなければならないという、自ら課した「シバリ」に
自滅するように、無理をすることで、かえって
差を広げられてしまった。

トップでタスキを受けた柏原は、これまでの3年間の
経験を踏まえ、狙った通りに区間新をたたき出し、
往路だけで5分の貯金を作り出し、事実上、
総合優勝を決めてしまった。


実家へ移動中の車で聞いていたラジオの解説者が
柏原のことを「お守り」だと言っていた。

チームメイトにとっては、これほど心強い味方は
いないし、ライバルチームにとっては、
その幻影だけで、プレッシャーとなる、
効果絶大な「お守り」だ。

上手い事言うねえ。


この5分という差は、たとえ一人が大失敗しても、
優位が動かないので、セオリーといわれる、
リードを活かして、ゆっくり入って後半上げるという、
「安全運転」をする必要もなくなった。

復路は復路で思い切って勝負出来るので、
のびのびと自分のレースをすることができた
東洋大は6区、7区、8区で区間賞をとり、
後続との差をさらに広げていった。

9区の田中貴章だけは、調子が悪かったが、
10区で4年の川上に代えて起用された3年生の斉藤が
また区間賞と、復路も新記録を出し、
もうやぶられないんじゃないかと思うほどの
新記録での勝利だった。


柏原の存在は、箱根駅伝の戦略も変えてしまうほどの
特異なものだったが、今年で卒業するので、
来年からは、また様変わりする。

が、今年の東洋大を見れば、5区が無くても
優勝だったわけだから、文句のつけようがない優勝だった。

一人のスーパーランナーのお陰で、チーム全体のレベルが
上がったんだね。

柏原のいない来年も、東洋大は充分に戦えるだろうし、
ライバルチームも、もう言い訳できない?わけで、
レースとしては、さらに面白くなりそうだ。

今から来年の箱根駅伝が楽しみになるような、
見事な東洋大の完勝だった。
posted by ばかぼん父 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 駅伝・マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

1/3 箱根駅伝復路と高校サッカーの件
Excerpt: 本題に入る前に、 ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。反さんは(前に)報道あったけど、エルシオと野澤まで連れてくの? @ ローソン 伊勢原伊志田店に写真つきタッチ! http://t..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2012-01-04 11:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。