2011年12月19日

本気のバルサが現代サッカーの最高峰を魅せてくれた(FCバルセロナ 4-0 サントスFC)


FCバルセロナ 4-0 サントスFC (CWC 2011Japan Final)

いやあ凄かった。

セスクやシャビがスタメンに名を連ね、
ベストメンバーで本気のバルサのサッカーを、
90分間魅せてもらえた。

テレビで見ながら、「うわあー」「おぉー」とか
思わず何度も声が出てしまった。

ブラジルサッカーの意地もあったのだろう。
サントスは真っ向勝負を挑んで、ボールを取ろうと
激しくチェックに行くが、ボールを失わないバルサ。

ボールを失わないのだから、どんどん前線へ選手が上がり、
ゴール正面に向いた選手にボールが入った瞬間に、
ディフェンスの裏へ飛び出す。

そこへスルーパスが出なくても、
繋いで次のタイミングで
別の選手が飛び出し、また別の選手が、と、
五月雨式に襲い続ける。

選手全員が、相手の陣形に合わせて戦い方を心得て
意思統一が図られているということだ。

先制点はメッシ。
ゴール前でシャビが神業のような後ろへ上げた足での
トラップから、スルーパスが、約束通りに
裏へ出ていたメッシへ通る。

メッシが出てくるキーパーを浮き球でかわしてゴール!

あの「落ち着き」の半分でも田中順也や北嶋にあればなあ。

その7分後に2点目はシャビがゴール前へのグラウンダー
のクロスをやや浮かせてたのか、浮いたのかはわからんが、
結果的にハーフボレーで撃ったシュートはキーパーの
タイミングを外してゴール!

3点目は、実に分厚いバルサの攻撃で、
3度目のシュートがゴールをこじ開けた。

サントスはネイマールの個人技で勝負という意図は見えたが、
キャプテンプジョルがキッチリと抑えた。

後半は、サントスが、ガシガシ行かない方針に変えると
今度はドリブルでどんどん仕掛けてディフェンダーを
引きつけてフリーの味方やスペースを作り出す。

こうくればこう、ああしてくればこうするというのが、
時間を置かずに変幻自在に対応してくる。

結局、後半にMVPを決め易くするメッシの2点目が入って
4−0で圧勝。

いや〜、どうしようもなく強すぎるバルサの凄さだけが、
際立ったゲームだった。


上には上があるというが、現代サッカーの頂点に君臨する
バルセロナの本気のサッカーだったと思う。

目指すべきレベルは、遥かに遠い感じだが、
チームの約束通りにハードワークをこなし続けることが
この芸術的なチームの礎となっているのだから
日本人にとっても、全く不可能なことではないと思う。

柏のサッカーだって、観ていて有機的、組織的という
印象を持ったしね。

目指せ!バルセロナで、精進して行って欲しい。

がんばろう!日本!
posted by ばかぼん父 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。