2011年12月18日

永遠の?テーマ、フィニッシュの精度(柏レイソル 0-0 (PK3-5) アルサッド)

柏レイソル 0-0 (PK3-5) アルサッド (CWC3位決定戦)

名将ネルシーニョが作り上げた組織的、有機的に
ボールを繋ぎながらチャンスを作る柏に対し、
コートジボワール代表のケイタと、
セネガル代表のニアンの個人の力で決定機を作る
アルサッドという図式で試合が進み、
柏の決定力の無さと、菅野のセーブによって、
0−0のまま終った。

延長なしのPK戦で3番手に出た林が、
QFのモンテレイ戦と同じコースに蹴ったが、
きっちり読まれて止められ、4位となった。

林は表情からして固くなっているのがアリアリと
していて、読み易い状況だったね。

PK戦だけに関して言えば、実力通りに負けたと思う。

でも、90分の試合では、田中本人がインタビューで
言っていたように、決定機、特に2本目の
意表をついた酒井の捨て身のクロスからの、
キーパーと1対1の場面で、
決めてくれさえしていれば勝っていたと思う。

北嶋の身体を張った捨て身の潰れ役を献身的に
やりつづける姿は良かったのだが、
キーパーの身体に当てずに枠へシュートを撃って
くれればなあ・・・。


しかし、このシュート時の落ち着きのなさ、
余裕の無さ、ようするに技術のなさは、
日本人にとって、柏に限ったことでもなく、
今に始まったことでもない事なんだよね(^^;)。


フィニッシュを除けば柏のサッカーは、
充分通用していた。

来季、柏が、手っ取り早くACLで勝ち上がるべく
戦うには、外国人ストライカーを一枚補強することだ。

でも心情的には、この大会の経験を糧に
田中、工藤、林らの成長というか、
大化けを期待したいなあ。

posted by ばかぼん父 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241188705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

12/18 2011 FIFA Club World Cup 優勝:バルセロナ、2位:サントス、3位:アルサッド、4位:レイソル
Excerpt: まずは、時系列的に3位決定戦の方から。 クラブワールドカップ2011 3位決定戦(12/18 16:30 横浜国際総合競技場) 柏レイソル(開催国代表)0(3 PK 5)0 アルサッド(アジア代表) ..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-12-19 05:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。