2011年12月15日

「シュートをどう撃つ」「シュートをどう防ぐ」その感覚が雲泥の差(柏レイソル 1-3 サントスFC)


柏レイソル 1-3 サントスFC (CWC2011Japan SF)

柏のサッカーはとても良かったと思う。
理想的には何度も有ったチャンスで、
もう1点でも決めて欲しかったけれどね。

しかし3−0にされる前に1点を穫れた事で、
少しは本気を出させたと思いたい。

ネイマールの噂に違わぬ、ボールを自由自在に操る
プレーに、翻弄されながらも、豊富な運動量で、
2人でチェックに行き、まずまず抑えられていたと思う。

しかし、前半19分、一瞬フリーにしてしまうと、
ワンドリブルを入れて左足で狙いすましたシュートを
左上隅へ入れられてしまった。

さらに24分には、ボルジェスがディフェンダーを
抜ききる前に、今度は右上隅へゴール!

どちらもGKにとってはどうしようもないシュートで、
あの瞬間での状況判断と、思った通りに撃てるスキルが、
日本人には無いセンスというものなんだろう。

サントスが、こんなものなのか、それとも手の内を
隠したのかのは解らんが、ガツガツ来ないで、
中盤ではある程度自由にやらせてくれたため、
柏の攻撃は多彩だった。

しかし、大チャンスで上へ噴かしたり、
頭で行って欲しいところで足で行って、
クリアしてしまったり、日本人が、今一番
足らない部分のレベルを痛感させられてしまった。

ブラジル人であるジョルジ・ワグネルのシュートも
サントスのダニーロが2度にわたってシュートブロック。

撃つタイミングが遅れたわけではないが、
逆に「このタイミングしかない」ということが、
相手も解って飛び込んで来た感じだった。

3点目のダニーロのフリーキックの精度は、
「参りました」という他なかったしね。

試合全体では、ほぼ互角に攻め合って、
とても面白い試合だったが、
結局は「個人の能力差」が勝敗を分けた。

柏の選手達にとっては得難い経験になったことだろう。

まだ3位決定戦が残って入るが、観る側にとっても
柏はJリーグチャンピオンになって、CWCへ出場出来て
本当に良かったと思う、ナイスファイトだった。

posted by ばかぼん父 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240548268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

12/14 FIFAクラブワールドカップ2011準決勝【M5】柏1−3サントスの件はともかく、なんで幸平退団!? #Bellmare
Excerpt: まずは、FIFAクラブワールドカップ2011準決勝:柏−サントス戦の件。 12/14 19:30キックオフ(豊田スタジアム、29,173人) 柏レイソル 1−3 サントスFC(ブラジル)【南米代表】..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-12-17 16:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。