2011年11月20日

吉見のこれぞエースの仕事によって第7戦へ(福岡ソフトバンクH 1-2 中日D)

福岡ソフトバンクホークス 1-2 中日ドラゴンズ

初回、先頭の荒木がヒット、井畑が送って、
森野の当たりは本多のドンピシャのタイミングの
ジャンプで二直でアウト。

二死2塁となったが、ブランコを歩かせてしまい、
苦手の和田に2点タイムリー3塁打。

中日が鮮やかに2点を先制した。

しかし終ってみれば2点止まりの中日貧打線。
しかし、エース吉見には、この2点で充分だった。

2試合に登板し、どちらも1失点で好投し、
ソフトバンクから2つの勝利をもぎ取ることに成功。

彼の投球をみていると「貧打が投手を育てる」のかと
思ってしまう(^^;)。

千葉ロッテの投手陣も大きく育って欲しいものだ。

ソフトバンクは、4回先頭の本多が久々のヒットが
3塁打のとなった。

ここで3番内川が、外の球をファールで粘った挙げ句、
しぶとくセカンド頭を越して、タイムリーヒット。

1-2となって、なおも無死1塁のチャンスだったが、
小久保、松中、松田を打ち取って、リードを維持した。

次にランナーが出たのが8回。
先頭の多村がヒットで出塁するものの、
長谷川のバントがフライとなって痛恨のゲッツー。

代打のカブレラがヒットを打ったが、代走の福田の
盗塁を、代った岩瀬と谷繁のバッテリーが阻止。

ソフトバンクの反撃を「してやったり」の継投で、
封じて、実に中日らしい勝ち方で3勝3敗の、
タイに持ち込んだ。

ソフトバンクは、まだ勝ち取ったわけでもないのに
もう日本一になったような「甘さ」が出たみたいな、
チグハグな攻撃だった。

相変わらず、メンタル、弱いね〜(^^;)。


さあ、貧打シリーズも今日が最終戦。

ソフトバンクは杉内だろうが、中日はソトもあるか。
山井、ネルソンらをどんどん注ぎ込む総力戦に
なりそうだ。

お互い、森福、ファルケンボーグと、浅尾、岩瀬を
打てないのだから、先制点が大きなウェートを占める。

今季最後のプロ野球公式戦を楽しませてもらおう。

両者、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236081534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。