2011年11月17日

中日ペースの試合をリリーフの踏ん張りでタイに(中日D 1-2 福岡ソフトバンクH)

中日ドラゴンズ 1-2 福岡ソフトバンクホークス

ブランコの税金プレーによる(記録は荒木)エラーで
初回の2点目が最後までのしかかった。

というか、川井くらいなら粉砕するかと思ったが、
2回の無死2塁、その後の一死3塁で打者ホールトン
とはいえ、3ボールナッシングから、開き直ったか
三振にとってから立ち直ったね。

4回以降は冴える谷繁のリードにランナーも出せないので
足で揺さぶる事も出来ず、ずるずるとロースコアの
中日野球に引きずり込まれた。

しかし中日の攻撃は「良くこれで優勝できたね」と思う程
お粗末の極み。

5回の1点返した後の一死1、2塁からの
ランエンドヒットで三振ゲッツー!

ふらふらのホールトンを引っ張った6回に、
森野、ブランコの短長打で無死2、3塁のチャンスで
和田が四球で無死満塁。

終ってみれば、和田のとの勝負を避けた細川の判断が
光ったのだが、リリーフした森福の前に、
小池が三振、平田がレフトへの浅いフライ、
谷繁が沈む球をショートゴロと、千葉ロッテが
得意とする(^^;) ZGS (Zanrui Grand slam)。

予定より早い投入となったに違いない森福だが、
この場面で最高の仕事をした。

そして7回も森福がそのままマウンドへ上がり、
素晴らしい契約をとって戻って来た社員に、
さらに残業を命じるような鬼采配(^^;)。

その期待に応えて森福はランナーすら許さない、
見事な投球を見せた。

落合さんも1点ビハインドの試合に浅尾を投入し、
逆転への執念をみせるが、秋山監督は、
8回裏の3番からの打線へファルケンボーグを
ぶつけて反撃を封じにかかる。

「では、9回は誰?」と思っていたら、
ファルケンボーグがそのままマウンドへ。

結局、森福とファルケンボーグの2人で4イニング
という、信頼の2人を酷使することによって
中日ペースとなってしまった試合で
勝ちを拾う事に成功した。

でもこの試合の「勝ち」は大変大きいし、
これが短期決戦の戦い方だと言えよう。

やるねえ、秋山監督。

この森福とファルケンボーグの投球を見れば、
他の先発投手も馬原をはじめとするリリーフ投手も
燃えない訳が無い。

中日も山井がリリーフで良かったので、
昨年のネルソンの役回り、または第7戦の先発に
山井が使えそうだ。

ここから3試合で2勝した方が優勝。
先発は第1戦の再戦になると思う。

和田の日本での最後の登板になるかもしれない試合。
ナイスピッチングを期待したい。

ホークス、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235597207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。