2011年11月13日

パリーグの捕手は谷繁のリードを良く見ておけ(福岡ソフトバンクH 1-2 中日D)

福岡ソフトバンクホークス 1-2 中日ドラゴンズ

日本シリーズの初戦は、延長戦の末、2発のHRで、
中日が取った。

有隅が涌井のストライクをちゃんと判定していれば、
日本シリーズ前に苦しむ経験もできて、
ソフトバンクにとってもプラスになったろうに、
「ふわーっ」と入った分、落合監督の花道のために、
一丸となっている中日が立ち合いを制した感じだ。

「ふわーっ」というのは、先発の読み違えと、
それに対してなんの手を打つ事も無くフツーに試合を
進めた事だ。

中日との日本シリーズは、谷繁の頭脳との戦いになる。

策戦としては、盗塁をガンガンと仕掛けて、
リードに専念させないことだが、ソフトバンクも
そこは出来ていたと思う。

しかし、パ・リーグでは手が付けられないほど、
打った3番内川だが、谷繁にとっては、
「マルっとお見通し」。

キーになる3番を完璧に抑えられれば、
打線は分断出来る分、シリーズ初戦から有利に戦える。

私は、ソフトバンクの莫大な戦力を活かすためにも、
内川を外してしまうのも手だと思う。

でも、中日が先勝して、
これで面白くなったんじゃない?

中日が「落合監督のために」で一丸となるなら、
史上最強のソフトバンクだって、川崎、和田、杉内も?
が卒業するのだから、このメンバーでは日本シリーズが最後。

しっかり戦って有終の美を飾りたい気持ちは、
互角のはずだ。

3位だった千葉ロッテでも、
落合・中日、谷繁・中日に、うち勝ったのだから、
ダントツ1位のチームが負けるわけにはいかないだろう。
(という、プレッシャーがかかるとダメなんだよね^^;)

とにかく
ホークス、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234923817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。