2011年10月30日

埼玉西武が王者への挑戦権を獲得(北海道日本ハムF 1-8 埼玉西武L)

北海道日本ハムファイターズ 1-8 埼玉西武ライオンズ

4回表の二死1塁からのホセの2ベースで、
一走、おかわりを本塁で刺した直後に、ホフパワーが
先制ホームランを打った時は、
「日ハムもまだ死んでない」と思ったけれどなあ。

しかし、こういった「この試合」で盗塁を敢行する勇気、
投手を惜しげも無く注ぎ込んだり、
出来が良いといたら引っ張る、「方程式」に
こだわらない姿勢であったり、
ナカジやホセがコンパクトに右打ちをしたり、
まあ、埼玉西武の方が日ハムより強かったということだ。



落ち目でシーズンを終えた日ハムは、
怪我明けの田中賢介に起爆剤となることを期待したが、
決勝点となるタイムリーエラーをやってしまった。

試合慣れというか、勝利を目指すために、
チーム一丸となって集中力高めるところまでには、
間に合わなかったかな?

しかし、エラーの直後の8回裏の打席での
無死から2ベースはさすが男だと思ったねえ。

さらに、バントの処理をこの回もマウンドへ上がった
西口が失敗して、無死1、3塁でクリーンアップ。

ここで渡辺監督は、石井一久へスイッチした。

この試合の埼玉西武の選手達が、みんなそれぞれに
「やるべきことをやる」という象徴のように、
石井がこの絶対絶命のピンチを、
三振、サードゴロに打ち取って二死1.3塁。

最後は稲葉の当たりは良い当たりだったが、
レフト栗山の守備範囲を破れず、なんと!無得点。

この場面で、あの打球がヒットにならないところが、
チームに勝つ力がなかったということなんだろう。


ソフトバンクも2年続けて、勢いに乗ったチームを
相手に悲願のクライマックスステージ突破を
かけなきゃならないね(^^;)。

昨年の苦い経験が糧になっていることを結果で見せて、
日本一まで勝ち取ってもらいたいと思っている。

まあ、埼玉西武でも良いけどね。(^_^)


posted by ばかぼん父 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。