2011年10月28日

良くやった、日ハム!「これがドラフトだ」

お久しぶりです。

進歩のないロッテの野球を見続けて、もはや新しいことも
書けない自分も面白くないので休んでました。

が、折角ドラフト会議もあったので書く気になりました。

まず、我が千葉ロッテの西村監督の今季唯一の大仕事。
よくぞ、藤岡貴裕を引きました。手(チョキ)

外れ1位予定の中後を2位で、藤岡を外していたら
2位で指名したであろう鈴木大地を3位で指名出来た。

このドラフト戦略を見ると藤岡を外していたら、
2位、3位で指名出来た選手を外れ1位と2位で
指名していたわけで、3分の1の確率に勝ったから
良かったものの、ちょっと甘いんじゃないか?

まあ、折角藤岡を当ててくれたので、これ以上は書かない。

ホントは高校生の段階で逸材を指名しなければ、
ホントのスターにはならないと思うけれど我慢する(^^;)。


そんなことより、日ハムの菅野指名でしょう。(拍手)

選手にとって行きたいと熱望する球団へ行けないという、
しかも縁故就職すら許されない「理不尽」だが、
「それがドラフトだ!」と強く言いたい。

今年は全体に不作と言われていたので、各球団が
安全策に走る中、敢然と菅野指名に踏み切った日ハムは、
良くやってくれたと思う。痛快だったなあ。

「読売におんぶにだっこ」の体質から抜けきれない
セ・リーグには、わからんのだろうが、ドラフトという制度で、
戦力の均衡を図るというなら、空気を読んでちゃダメなんだ。

澤村に続き、菅野まで一本釣りなんて許しちゃ、
ドラフト制度の形骸化へ繋がりかねない危機だったと思う。

精神的にも独立して、「健全なプロ野球」を目指すなら、
ガンガン行かなきゃね。(^_^)

菅野は長野のように社会人や浪人を選ぶのか、それとも
割り切って一日でも早くプロの世界で勝負する事を選ぶのかは
自由だから、よく考えて自分でベストと思える道を選べば良い。

打率を下げるのをさけるためスタメンを外れていた
最後の試合、代打でサヨナラHRを打てる長野の勝負強さを見れば、
「頑固に希望を通す」というのも、人間を強くするのかと
素直に思えるしね。

でも、パ・リーグへ来て欲しいぞ。(^_^)
posted by ばかぼん父 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232413525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2011プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBAの件を前振りに、@yonda4 477620651X[日本人の「正義」の話をしよう]
Excerpt: 2011ドラフト会議にて伊藤隼太選手ら5選手を指名(阪神タイガース公式) <阪神タイガース 指名選手一覧> 【第1巡目】伊藤隼太 外野手(慶応義塾大) 【第2巡目】歳内宏明 投 手(聖光学院高) 【第..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-10-28 11:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。