2011年10月02日

泥沼対決らしい引き分け(千葉ロッテM 2-2 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 2-2 北海道日本ハムファイターズ

成瀬が陽岱鋼に先頭打者本塁打を食らったものの、
その後、徐々に立ち直って0−1で迎えた4回、
カスティーヨ、井口の短長打で無死2、3塁から
福浦が同点タイムリーを放って1−1とし、
さらに無死1、3塁のチャンス。

角中のセカンドゴロで三走、井口が挟まれながら
良く粘ってくれて、一死2、3塁にした。

続く的場の打席、日ハムバッテリーは、
初球をウエストし、「スクイズを警戒しているよ」と
見せかけた。

この場面、的場はバントの素振りも見せる事も無く、
しかも明らかなボール球を振りまくって三振してしまった。

あの〜、少しは頭を使ってくれないかなあ。

スクイズを警戒した2球目に、
サインが無くてもバントの構えをして、
揺さぶるとかさあ。

その冷静さがあれば、悪くても四球は取れたのでは
ないだろうか?

メンタル的に、相手より優位に立つことも
意識して欲しいものだ。


7回に先頭のY岡田がヒット、盗塁で無死2塁。
今江がとても痛い死球を食らって、カスティーヨが
ヒットで無死満塁。

井口がタイムリーヒットで2−1と勝ち越すが、
その後の無死満塁で1点も取れず(>_<)。

まあ「知ってた」という、見慣れた拙攻で、
追加点が取れなかった事が響いて、結局2−2の
引き分けになってしまった。


何よりも、今江の負傷によって、また守備に
大穴が空くことになりそうだなあ(>_<)。


この際、カスティーヨを三塁で試してみたら
どうだろう?

来季の契約は未定らしいが、サードが出来るなら、
使い勝手があるじゃない?

つーか、根元の腰の引けたサードを見せられるくらいなら、
何でも我慢出来そうだ。(^^;)


さあ、泥沼対決を勝ち越せるか、それとも泥沼らしく
痛み分けとなるか?

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。